クック、クック

わたしの青い島

南太平洋にこっそりと浮かぶ楽園クック諸島から

トロピカルな日々の生活をお届けします

16世紀の海洋探検家キャプテン・クック (James Cook) の名前に由来するクック諸島。
南太平洋の真ん中。タヒチとニュージーランドの間に位置する、15の小さな島からなる国。
赤道を挟んでハワイとほぼ反対側にある、南半球に浮かぶ楽園。

 

イメージするだけで、わくわくしてきませんか。

ハワイ・イースター島・ニュージーランドを結ぶポリネシアントライアングルの真ん中に位置しながらも、

観光客の波から外れ、ひっそりと佇むクック諸島。
ポリネシアンカルチャーが色濃く残り、素朴な人々が海と山の恵みと共に暮らします。

​存在すること自体がミラクルなこの島のこと、本当は多くの人に教えたくはないけれど、、、。

 

ターコイズブルーの海を独り占め。力強いマオリの文化と華麗なダンスを踊る女性たちに出会う
ポリネシアの秘密の島へ冒険に出かけたい方に、こっそりと紹介します。

 

クック諸島の旅のコンシェルジュ。お問い合わせはこちらから。

 

​News Letter Archive

Blog Archive

Search by Tag

クック、クック

わたしの青い島

日本からクックへCOVID-19助成金一億円

ソーシャルメディアの記事がワーット広まりました。 「日本からクック諸島のコロナウィルス対策、医療設備の向上のため1億円の無償資金協力が確定」 Wow! ビックリです! しかも1億円!日本ありがとう! ニュージーランドにて、2020年6月17日、在ニュージーランド小林博康大使と クック諸島のエリザベスライトコテカ(Elizabeth Wright-Koteka)高等弁務官の間で 日本経済社会開発計画に基づく無償資金協力の調印式が行われました。 1億円(約130万NZD)の助成金は、ラロトンガ病院に必要な医療機器の調達を通じて、クック諸島の国としてコロナウィルス対策の準備、強化を支援するために使用されるということです。 ニュースで見る限り、日本国内もまだまだ問題山積みだと思っているので、このタイミングでの資金援助、しかも大きな金額にビックリです。 日本ありがとう! 来年、2011年3月は日本がクック諸島を1国家として認め、外交を始めた10周年記念の年 (注:日本政府は2011年3月25日に、クック諸島を193か国目の国として承認しました) 太平洋の小さな国。人口は少ないけれど、広大な海を持つ大切な一つのパートナー。国と国国として関係が継続していることを嬉しく思います。 小林大使は、「このプロジェクトを通じて、日本はクック諸島の緊急の医療ニーズを満たすのを支援し、長期的には経済的および社会的発展を支援できることを嬉しく思います。これがクック諸島と日本の友好と協力のもう一つの象徴となることを願っています。」と述べたとのこと。 現在も、在住日本人一桁、世界で最も日本人が住んでいない国の一

ラロトンガ島の海の世界へ ダイビング映像

ラロトンガ島は、ぐるっと一周サンゴ礁に囲まれており、珊瑚に波が砕け穏やかなラグーンとなっています。 外洋は、直ぐにザトウクジラが泳いでいるぐらいの深い海となり、ドロップオフになっています。そんな浅い海からドロップオフまで変化に富むラロトンガ島の海をダイビングした気分に浸ることができるビデオです。 この映像は、ラロトンガ島の東から南側の海の様子。7月から10月の期間は、運が良いと、ザトウクジラも近づいて来てくれるかもしれないとのこと。 ラロトンガ島の海の世界、お楽しみください。

「世界海の日」特別授業

6月8日の「International Ocean Day 世界海の日」。海の恵みに感謝し、サステイナブルを考える日。海洋王国クック諸島の次世代を担う子供達にとって重要な海。理解を深めるため、クック諸島亀協会( Cook Islands Turtle Association)のスタッフが、特別授業をしてくれました。 まずは、ラロトンガ島の海に住む、アオウミガメとタイマイについてのお話。 珊瑚礁の切れ目パッセージ付近で見ることができるため、私たちにとっても身近な存在です。また、亀はマオリのシンボルで”守り神”を意味することから、昔から人々に近い存在であったと想像します。 ラグーン内で保護された怪我のため自力で泳げない子亀を保護し、飼育してきた奮闘ストーリーに子供達は興味津々。水槽から出て、ラグーンでのスイミングレッスンを繰り返し、今週末にその亀ポヌがいよいよ野生に放たれるとのこと。 そのポヌを始め、亀たちが間違えて食べてしまい苦しまないようにゴミ捨てをしない、海の清掃活動の大切さ、綺麗に海を保つ大切さを子どもたち皆で確認し合いました。 海ととても近いクック諸島の私たちの暮らし。 クック諸島はまさに、99%海です。 魚を食べ、青に輝く海を眺め、サンゴ礁に砕けるゴォーゴォーという音とともにあるラロトンガ島の日々。海は切っても切り離せません。 3ヶ月になろうとするCovid-19に占領されたかのような私たちの暮らし。 暗いニュースが並び、不安が続く日々。島のアイコン的であった、頬にキスをして満面の笑みで”キアオラナ”と挨拶をするスタイルも、もうすっかりと消えてしまった。 そんな中でも、

ザトウクジラ  今年はずっと早い到着

やって来ましたクジラシーズン! ブラックロックにて、ザトウクジラのジャンプする姿が目撃されました。 この頃寒いなあ、と夜に布団をかぶり、スクーターに乗る人達はジャケットを着る。ふとw天気予報を見ると朝夕は20度を下回る日が続くと、ラロトンガ島にザトウクジラたちがやってくる印と私は感じています。 風予報を見ると、強い南風が吹く日が続くため、冷たい風が南極から届いて気温が下がるという理由と共に、この風に乗ってクジラたちもクック諸島に泳いでくるのかもしれないなあと想像します。 今日は6月4日。 先週にもブラックロックで見たよ、という声も聞こえたので、今年は5月下旬には到着したいたよう。 例年より一足早い到着です。 「ザトウクジラたちもクック諸島にはコロナウィルス感染者がいないと知って、今年は早く来たんだよ!」なんてジョークも。 パスポートのいらないクジラたちは自由に移動できますしね。😀 10月初旬まで、海を眺める楽しみが増えます。 恵まれたコンディションでホエールスイムができるアイツタキ島の海。ザトウクジラのシーズンに訪れ、ホエールスイムに挑戦するツアーを日本の旅行会社さんにご協力いただき今年は3本、8月&9月に予定していたのですが、実に残念です。この状況だと日本からの旅行者の皆様に対する国境は閉じたままだと予想します。改めて、来年、2021年の8月&9月に再チャレンジしたいと思います。 今年は、どれだけたくさんのザトウクジラたちを近くに感じることができるか......楽しみは10月中旬まで続きます。

幻のキングバナナを求めて山へ

娘が課外授業で聞き、知人がちらっと話しているのを聞き、その名前から興味が沸く。 島の山奥にしか生えておらず、見た目も味も普通のバナナとは全く違うらしい。 やはり”キング”故なのだろう。 「王様」と呼ばれているバナナ、ぜひ見てみたい! 知人が、キングバナナの畑の手入れ&新しい苗を植える作業をするということで一緒に連れて行ってもらいました。場所は、ラロトンガ島の北側から内陸に入りタクバイネ渓谷の奥、車で道路終点まで行き、そこから小川沿いに山道を登って行き約20分。 まるで日本の田園風景のようなお米ではなく、タロイモの段々畑が広がる太平洋の真ん中で和を感じる渓谷で、私も大好きなラロトンガの風景の一つです。周りはこんなジャングル。深い緑に囲まれて、小川のせせらぎに耳を傾けると島にいることを忘れます。 クック諸島マオリ語でùtù (発音ウトゥー) 学名:Musa Troglodytarum 英語では、King Banana(王様のバナナ)、もしくはMountain Banana(山のバナナ)と呼ばれます。 なぜでしょうか。 私の予想は、「山の中に実るので珍しく重宝され、島のアリキ たちに捧げられたバナナだから」だったのですが、この安易な想像は全くハズレでした。 答えは、 「ほら、見てごらん。全てのバナナは身がぶら下がるように地面に向かって垂れ下がって実るけれど、このキングバナナだけは天に向かって上に実るんだ。だから、全てのバナナの王様のようだと、King Bananaと呼ばれるようになったんだ」と、いうことです。 見えますか? 葉の中心、一番高いところの割れ目からバナナがニョキッと上に

 
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now