クック、クック

わたしの青い島

南太平洋にこっそりと浮かぶ楽園クック諸島から

トロピカルな日々の生活をお届けします

16世紀の海洋探検家キャプテン・クック (James Cook) の名前に由来するクック諸島。
南太平洋の真ん中。タヒチとニュージーランドの間に位置する、15の小さな島からなる国。
赤道を挟んでハワイとほぼ反対側にある、南半球に浮かぶ楽園。

 

イメージするだけで、わくわくしてきませんか。

ハワイ・イースター島・ニュージーランドを結ぶポリネシアントライアングルの真ん中に位置しながらも、

観光客の波から外れ、ひっそりと佇むクック諸島。
ポリネシアンカルチャーが色濃く残り、素朴な人々が海と山の恵みと共に暮らします。

​存在すること自体がミラクルなこの島のこと、本当は多くの人に教えたくはないけれど、、、。

 

ターコイズブルーの海を独り占め。力強いマオリの文化と華麗なダンスを踊る女性たちに出会う
ポリネシアの秘密の島へ冒険に出かけたい方に、こっそりと紹介します。

 

クック諸島の旅のコンシェルジュ。お問い合わせはこちらから。

 

​News Letter Archive

Blog Archive

Search by Tag

クック、クック

わたしの青い島

国交10周年記念ロゴ募集中 外務省企画

来年2021年は、めでたく日本とクック諸島の国交樹立10周年記念の年となります。 それを記念し、現在外務省が、クック諸島国交樹立記念のロゴを募集しています。 ぜひデザイナーのみなさまご応募ください。そしてご友人・知人にお伝えください。素敵なクック諸島と日本をつなぐロゴが決まること、楽しみにしています。 日・クック諸島外交 関係樹立10周年(2021年) 記念ロゴマーク募集 1 募集要項 (1)応募資格:どなたでも応募いただけます。国籍、年齢、居住地等を問いません。 (2)締切:2020年9月30日(水曜日)必着 (3)提出先:外務省アジア大洋州局大洋州課(cook-logo@mofa.go.jp) (4)審査方法:寄せられたロゴマーク案は、日・クック諸島両国政府の間で審査され、最優秀デザイン案1点が公式周年記念ロゴマークとなります。 (5)結果発表:日本国外務省、在ニュージーランド日本国大使館、クック諸島政府等のウェブサイトで発表します。 参照:https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/ck/page25_001987.html 振り返ると... 2011年3月25日にクック諸島は、日本政府が認める193番目の国として追加されました。 それから南スーダン(2011年7月)、ニウエ(2015年5月)が続き、現在は195カ国の国を日本は承認し、外交関係を結んでいることとなります。 よって、つい最近まで世界地図には「クック諸島(ニュ)」と書いてあったため、日本人の私たちにとってはとても新しい国の一つとなります。 クック諸島はまだ国連には未加盟。 現在外

 
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now