クック、クック

わたしの青い島

南太平洋にこっそりと浮かぶ楽園クック諸島から

トロピカルな日々の生活をお届けします

16世紀の海洋探検家キャプテン・クック (James Cook) の名前に由来するクック諸島。
南太平洋の真ん中。タヒチとニュージーランドの間に位置する、15の小さな島からなる国。
赤道を挟んでハワイとほぼ反対側にある、南半球に浮かぶ楽園。

 

イメージするだけで、わくわくしてきませんか。

ハワイ・イースター島・ニュージーランドを結ぶポリネシアントライアングルの真ん中に位置しながらも、

観光客の波から外れ、ひっそりと佇むクック諸島。
ポリネシアンカルチャーが色濃く残り、素朴な人々が海と山の恵みと共に暮らします。

​存在すること自体がミラクルなこの島のこと、本当は多くの人に教えたくはないけれど、、、。

 

ターコイズブルーの海を独り占め。力強いマオリの文化と華麗なダンスを踊る女性たちに出会う
ポリネシアの秘密の島へ冒険に出かけたい方に、こっそりと紹介します。

 

クック諸島の旅のコンシェルジュ。お問い合わせはこちらから。

 

​News Letter Archive

Blog Archive

Search by Tag

クック、クック

わたしの青い島

クック諸島版オリンピック開会式

クックアイランズゲームがとうとう始まりました! 11 Islands, 24 Sports Codes, 2 Weeks, 3,000 athletes! クック諸島版オリンピック、クックアイランズゲームの開会式が盛大に繰り広げられました。 こんなに多くのアスリートが参加するから、観客がいないんじゃない、と思うぐらいのイベントです。 各島の入場行進&パレード。 本当のオリンピックのように、騎手に続き楽しそうに誇り高き入場行進する光景を見ながら、 こんなにも人がいたんだ!と思わず感じたほどの、間違いなく私が暮らす4年間で一番島の人が一同に集まったイベントだと思います。 各島カラーのユニフォームで揃え、老若男女、赤ちゃん、犬たちみんなでパレード。 島の伝統的な王様が正装でリードしたり、ミスクック諸島、プラカードを持ちながら見事なポリネシアンダンスを披露したり、アイランドスタイル満載。そして何よりも、みんなすっごく楽しそう! 聖火リレーもちゃんとありましたよ。 東京オリンピックの延期、太平洋地区のスポーツイベントの中止、 そして数ヶ月続いた集うスポーツの禁止、つい最近復活した接触スポーツの再開。 世界中のアスリートたちにとっても、コロナウィルスの影響により辛いとしになってしまっていることはまぎれもない事実です。 毎年10月頃、離島が掛け持ちで開催されているManea Gameという島対抗のスポーツ大会がクック諸島の年間イベントの一つにあります。今年はアチウ島での開催が予定されていました。 が、より多くの人が参加して楽しむことができるようにと、 ラロトンガ島での開催に変更され、Cook

 
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now