• Sakiko

続)島縦断トレッキング 下り編

最終更新: 1月27日


クロスアイランドトレックは続きます。

さて、ここからは下るのみだから、気分もランラン♪

と、思ったら、大間違いでした。

歩き終わった感想は、登りの方が楽で、下りの方が大変でした!

ザ・ニードルを背に、分岐点の看板まで約100m。

ここからは滝へ抜けるルート、右方向への道を進みます。

開けていた場所は、本当にニードル付近の一部のみ。

また、木々の生い茂る、ジャングル道を

かがんだり、幹を跨いだりしながら進みます。

隣をニュージーランドに留学中で、現在はバケーションで戻ってきている

島の男の子たちが通り過ぎる。

みんな裸足で、すいすいと飛び跳ねるように私たちを抜かしてアッというまに見えなくなってしまった。

さすが島育ちは違うなあ!と思いながら、

ぬかるんだ道を、転ばないように慎重に進みます。

ぱっと、視界が広がり、まるで高原のような ような草原となります。

360度周りは、霧がかかった深い山々。

ミステリアスな雰囲気で、

自分がいま南太平洋の真ん中の小島にいることを忘れてしまうような感覚です。

冷たく、強い風がびゅうびゅうと耳に響く。

雲の流れも速いし、今日は特別強かったのかもしれない。

でも、いつもこの高い神聖な場所では風が吹いて

島と人々を清めているような気もする。

ふと、足元を見たら、

かわいい小さな花々がところどころに力強く咲いています。

このラロトンガ島のジャングルの森を何千年も見守ってきたような

大きな巨木。

力強い根っこがしっかりと大地に延びています。

ここを左に曲がり、

ぐんぐんと下りながら、

いよいよと本格的な、エキサイティングなジャングルトレッキングが始まります。

巨大なシダ植物に囲まれ、

恐竜の時代に、小人になって迷い込んだような気持で進むと、

川が見えてきます。

どこまでも透き通った、クリアーな水。

気温はもちろん暑く、汗もかいている身体には、ひんやりと冷たい。

もちろん橋なんでありません。

最初は、靴をぬらさないように、と石の上をぴょんぴょんと渡っていたけれど、

そのうち、それはこの先も続く長いルートを考えるとあまりにも 不可能だと感じ、

みんな次々にじゃぶじゃぶと川に入る。

川沿いに歩いたり、川を渡って対岸に向かったり、、、

パさんに連れられ、道なきジャングルをどんどん進みます。

トレッキングの当日に雨が降っていなくても、

前夜に大雨が降ったり、降水量が多い日が続いている場合は川の水量が増し、

足の膝ぐらいまでの川を何度も横切る必要もあるという。

服も靴も濡れる格好で出かけることは必須です。

でも、比較的雨の少ない

クック諸島の冬(6月ー8月)には、水が流れてないこともあるということです。

川渡りはまだ、まだ続きます。

神聖な水でパさんが身を清め、

そしてもちろんこの水が一番美味しいという。

そんな様子をぼーっと眺めていたら、

足元をぬるっと、何か大きなものが動いて思わず悲鳴を上げてしまいました!

っえ?まさか蛇?

いえいえ、なんと川ウナギ。

太くてしっかりとしたウナギがにょろにょろと川の深みに泳いでいきました。

ああ、びっくりした。

ラロトンガ島が豊富な水に恵まれている理由を島の中心部の水源に来てみて、

実感することができた。

川を渡り、崖を登り、しーんとした太古のジャングルを進みます。

川沿いからルートが少し外れ、

道が乾きふつうの(?)歩く道となります。

コケ植物が細いに美しく垂れ下がる景色が見えてきたら

ゴール地点はもうすぐそこ。

ようやく到着しました!

ウィグモウの滝。

先に到着していたニュージーランド、オーストラリアの学生たちは

そのまま服で滝にジャンプイン。

疲れた身体を冷やし、

そして泥で汚れた靴と服を洗いリフレッシュ!

地元の若者は崖から飛び込んだり、

奥の滝つぼを登ったり、思い思いに過ごしています。

滝の水量は時期によって大きく変わるとのことだけれど、

ジャングルの中、大自然の中に佇む滝と清んだ水の風景は美しい。

ここでひと泳ぎしたいのであれば、最初から水着を着て

ツアーに参加をするのが良いのかもしれない。

滝を眺めながら、

ベンチでランチタイム。

しっかりと3時間歩いた後、美味しい空気を吸いながら食べる

サンドイッチとフルーツ の味は最高です!

ここでツアーは終わり。

送迎車がホテルまで送ってくれます。

亜熱帯のジャングルを抜けるアドベンチャー要素いっぱいで、

ラロトンガ島の奥深くを歩く、スピリチュアル体験のような島縦断トレック。

深いジャングルを抜けた後に、頂上から望む絶景は感動です。

ラロトンガ島を全身と心で感じ、満喫できる体験をぜひ!

服装・靴を整えて、ぜひお出かけください。

島縦断トレッキング / Cross Island Trek

ツアー催行日 :月曜日、水曜日、金曜日

所要時間   :約4時間。(出発時間は天候により異なるが、通常は9時半から1時半となります)

料金     :79ニュージーランドドル

含まれるもの :ホテルからの送迎、ツアーガイド、ランチ

持ち物    :汚れても良い服装、運動靴、飲み水、カメラ、虫よけ、水着、タオル 

#アクティビティー #ラロトンガ島 #自然 #山

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge