• Sakiko

クック諸島の大人の運動会 種目はアウトリガーカヌー

最終更新: 1月28日


毎年恒例のクック諸島の企業&団体対抗運動会が開催されました。

こんな快晴の日!

まさに最高のビーチ日和。

私の勤務する旅行会社、Turama Pacific Travel Groupももちろん毎年参加。

ぞくぞくと空港付近、ニカオ地区ビーチに人々が集まります。

それぞれの会社ごとにチーム団結のため、お揃いのユニフォームを来て、テント設定・シートを引き、縄張り確保。

家族、子どもももちろん同伴なので、ビーチはとっても賑やかなピクニック会場に大変身。

私たちのユニフォームは、かっこいい黒地のシャツにチーム名、"Vaka Turama”のロゴ。

シャツだけ判断したら、いかにも強そうな感じだなあ、とまわりのチームを見渡し、観察しながら準備体操。

さて、気になる対抗戦の種目は、何でしょうか?

とってもクック諸島らしいスポーツ。

そして社内の団結力をつけるにはもってこい!の競技です。

ヒントは、私たちのユニフォームのロゴに注目!

答えは、12人乗りカヌーレース!!!

息の合った力強いオールの漕ぎ方、そしてパドルの持ち替え等、まさに会社の団結&力を示すにはもってこい。

もちろん大きい力強い、大人たちの、会社の名誉をかけた真剣勝負カヌーレースです。

私も第一レースに参加しました!

待ちに待ったクック諸島で初のカヌー。

パドルを持つのも、10数年振りかしら???

たった、200mの距離。

外海を進む10km+のレースのことを考えたら、何てことない、

とは、甘く考えすぎていました。

スタートの合図で、みんなに合わせてパドルを漕ぎ、

リーダーの掛け声でオールを持ち替え、漕ぐ漕ぐ漕ぐ!

ゴールに着く頃には腕がぐったりとしていました。

あまりにも一瞬で早く、息をしていたかも覚えていない。

あ〜、あ、情けない(涙)

身体作りが骨格から一回りも、ふた周りも大きなクッキーたちには全然かないません。

参加した会社・団体は16、

銀行、ホテル、建設会社、流通、スーパー、電話会社、観光局、、、

男女の人数の差、そしてカヌーを本格的にやっている選手とかの数でも

差は歴然としてしまうので、

チームには最低5人の女性が載っていること、

大会に出るような選手が乗れる人数も制限していたので、

少しはフェアなコンディション。

パレオと葉っぱを編んだ帽子でファッションを決めた

ノーティラスホテルチーム。

見た目でも華やか。そして、レースも強かった!

第2種目は、綱引き!

これも、大きい大人たちの真剣勝負!

日本では利用はしないだろうな、と思うぐらいの、

船の錨を固定させるがっつりとした硬くて太いロープの引っ張り合い。

砂に膝をつけたらペナルティーというルールでゴー!

子供たちの大声援の中、パパ&ママたちが頑張りました!

競技の合間に、みんな海に浸かり思い思いにおしゃべりタイム&リラックス。

こんな絵になる光景が日常のクック諸島。

みんな笑顔満面の1日がビーチで過ぎて行きました。

ちなみに、この日のは子ども達用の競技は一切なし。

まさに大人のためのクック諸島風運動会でした。

でも、

参加費等、このイベントの収益は、

来月開催される子ども達の学校対抗カヌーレース大会の運営費に充てられるとのこと。

伝統スポーツを利用して、

大人も子どもも楽しみながら、体力作り&チームワークを高める

団体カヌーレース。

良いアイデアですね。

日本でもいかがですか?

#イベント #海 #スポーツ

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge