• Sakiko

9ヶ月間◯◯が開かれていない国?!?

最終更新: 1月28日


私の勤務するトゥラマ・パシフィック社のオフィスは、ラロトンガ空港に面していることは何度かお話ししました。

日々飛び立つ飛行機を眺めながら、私たちはオフィスワークをし、また、クック諸島にご到着するお客様のお出迎え等をしています。

その反対側、道路に面する側には、平家で白壁の小さな建物があります。

毎朝国旗が掲げられ、正面にはParliament of the Cook Islands …. と記載してあります。

はい、これはクック諸島の国会議事堂です。

厳重なフェンスもなく、警備員も立っていません。

普通に誰でも敷地に入り、庭を通り過ぎて、反対側にあるビーチに抜けることができる空間。

なんとも、のどかで安全な国、というのが一目でご納得頂けると思います。

そして、今日また新たにびっくりしたことがあります。

なんと、クック諸島では9ヶ月間国会が開催されていないということです。

国会の召集は 首相の一令によって行われるのだろうけれど、それが9ヶ月間ない、ってことのようです。

「議員たちは何もしないで、9ヶ月間給料をもらっているのさ、そんな良い仕事があるのはクックだけさ。わっはっは」

とは、同僚の一人がジョーク交じりで語る。

「毎朝車が出入りしているし、電気もついているじゃない?」

「それは、ケアテイカーたち、建物の管理人達が出勤しているだけだよ。

肝心な議員達は、一年間に恐らく5日のみ働くのではないかな。

僕たちは1週間に5日働くけどね」

9ヶ月間も国の重要機関が動いていない、イコール=その必要がない?平和過ぎで議題もなければ、国が抱える課題もない???

いやいや、実はそうでもないようです。

奥は深いみたいです。

先日島の巡回バスに乗り、この建物の前を通り過ぎた時、

観光ガイドも兼ねている陽気な運転手さんが、

「えーっと、いま左に見える建物はHouse of ParLIAment、Liar = 嘘つきの人たちの建物です」

と、冗談を言っていました。

聞いた時にはあまり深く考えなかったけれど、

この現状を知ったいまは、あれは、庶民の皮肉、辛口ジョークだった気がします。

4ヶ月も住んでいると、

いろいろな事情が少し垣間見れるようになってきました。

Stay tuned!

#暮らし #政府役所

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

© 2019 by Cook Islands Concierge