• Sakiko

クック諸島への行き方

最終更新: 1月28日


太平洋に最後に残る楽園、クック諸島へのアクセス方法をお知らせします。

< 日本からクック諸島へのアクセス >

クック諸島のゲイトウェイは、ラロトンガ島のラロトンガ空港(RAR)です。

日本・クック諸島間の直行便はありません。

でも、心配はありません。ニュージーランド経由で簡単に到着することが可能です。

日本からは、ニュージーランド航空を利用し、オークランド経由で飛ぶのが一番スムーズでおすすめ。

今年、2017年7月21日からは週3便、羽田空港への就航も決まり、ますます、クック諸島へのアクセスが便利になります。

また、太平洋諸国へのスペシャル料金も出ていることがあるので要チェックです!

快適なおすすめフライトコネクションは、以下の日本木曜日発と土曜日発です!

≪往路≫

成田発 > 木曜日

NZ90 18:30成田発、08:05+1オークランド着 (乗り継ぎ時間1時間25分)

NZ61 09:30オークランド発、14:20-1ラロトンガ着 →同日木曜日の午後に到着!

羽田発 > 土曜日

NZ92 01:00羽田発、14:40オークランド着 (乗り継ぎ時間1時間45分)

NZ18 16:25オークランド発、22:15-1ラロトンガ着 →日付変更線を越えて、日にちが戻るため前日金曜日の夜に到着!

≪復路≫

ラロトンガ島発 > 火曜日

NZ743 02:25ラロトンガ発、5:00+1オークランド着 NZ99 08:45オークランド発、16:40成田着 →翌日水曜日の夕方に帰国

よって、クック諸島の旅は、上記のフライトの組み合わせで、

現地滞在4.5日(木曜日着、火曜日早朝発)、もしくは現地滞在正味3日(金曜日着、火曜日早朝発)が便利です。

< クック諸島のゲイトウェイ、ラロトンガ島へのアクセス >

ラロトンガ空港へのフライトは、ニュージーランド(オークランド)、オーストラリア(シドニー)、タヒチ(パペーテ)、アメリカ(ロサンゼルス)と結ばれています。

オークランド・ラロトンガ間

ニュージーランド航空 ほぼ毎日就航(時期によっては一日数便となることもあります)

ジェットスター  荷物等で追加料金が発生しますが、日にちによっては片道101 NZD = 約8,000円と破格の値段です!

ヴァージンオーストラリア航空  オークランド経由となりますがシドニー等からもクック諸島をつなぎます

シドニー・ラロトンガ間

ニュージーランド航空 ハイシーズンは週2で結んでいます 

パペーテ・ラロトンガ間

エアータヒチが週1便、2時間半のフライトで往復します。 日本・パペーテ間はエアタヒチヌイを参照。2つのポリネシアの美しい島を同時に訪問してみる旅はいかがですか? 

ロサンゼルス・ラロトンガ間

ニュージーランド航空 週1便で結んでいます 

< ニュージランドとクック諸島を巡る旅 >

成田・オークランドは毎日1便就航しているので、

クック諸島で南国を楽しみ、ニュージーランドの大自然をトレッキング、など、

バラエティに富んだポリネシアの魅力あふれる旅の形が可能です。

在ニュージーランド日本人スタッフが旅のお手伝いをしてくれるおすすめの旅行会社 Global Net Co.

・JTB New Zealand ・HIS New Zealand

オークランド空港での日本人スタッフのお出迎え+半日観光、オプショナルツアーの申し込み、空港付近のホテルの手配のお手伝いが可能ということです。

ポリネシアのマオリ文化の根付く魅力溢れる2つの国を一度に満喫する旅、いかがでしょうか?

#旅に役立つ情報 #お知らせ #エアータヒチ #飛行機

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge