• Sakiko

どれぐらいの日本人がクックに来ているですか?


クック諸島にお越しいただいたみなさまをご帰国の時に見送る際、口々に感想としていただく一言;

「こんなに他の日本人に会わない旅は初めてです」

他の南太平洋のリゾート、ハワイやタヒチも街を歩いても、 ホテル内でも他の日本人旅行者がいる、という風景が多いようですね。

そしてお買い物も日本語で可能であったり、

旅の途中で日本語がどこからとなく聞こえてきたりと、、、

でも、クック諸島ではそのようなことは珍しくなります。

「周りに日本人がいないのでびっくりした」

「日本人どころか、アジア人さえも全然目にしないんですね!」

「それよりも、周りに人々があまりにもいなくて、そんな人から離れた場所にいるという感覚は初めて。」

「人がいなくて最初は不安に感じることもあったけれど、それが最高の贅沢だ!と、満喫できた!」

と、嬉しい声も。

では、一体どれぐらいの日本人がクック諸島に来ているのでしょうか。

調べてみました。

これは、クック諸島政府の発表で、入国した人のパスポートを元に作成されているようです。

なので、ツアーで旅行の人も、自由旅行の人も含まれています。

一か月あたり、約30名。

昨年は一年間で500名。

2015年は年間でたった300名未満。

本当にまだ少ないですね。

まだ国交を結んで6年。

だから「クック諸島」という、国名もまだ知らない人の方が多いのかもしれませんね。

そんな、旅好きの知る人のみぞ知り、こっそりと訪問しているクック諸島。

滞在中、他の日本人の方に旅行中に巡り合わないというのも、納得いく数だなあとご理解いただけたと思います。

観光化されておらず

手つかずの自然と人々の素朴さな日常生活が残るクック諸島。

島には、

しゃれたショッピングセンターはなく、

マクドナルドやスターバックスのようなファーストフードも1軒もありません。

何もないから、すべてがある。

冒険的な楽園へ、ワクワクする旅をお探しの方、お待ちしております。

#マオリの人々 #旅に役立つ情報

0回の閲覧
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge