• Sakiko

ビーチ清掃で鳥と魚を守りたい!自然を身近に感じ生きる島の子ども


「今日は風が強いね」

「海にはいって魚を捕まえれないし、貝も探せない!」

と、いつものように、ビーチを散歩していたら、

子どもたちが急に、ごみを拾い始めた。

「あ、またキャップ見つけた!」

「ここにも空のペットポトルあったよ」

あっという間に手に持ちきれなくなり、 ”袋を持ってきて!”と頼まれ、家に取りに戻った。

「このプラスチックを鳥が食べ物と間違えて食べて、死んでしまうんだって」

「いったいだれがこんなごみここに捨てたんだろう!」

「この前学校でテレビを見たんだけど、 どこかの国でたくさん死んでしまった小鳥のお腹を切ってみたら、ごみばっかりが出てきたんだって。

だから私たちはごみを拾うの」

「あー、なにこれ?人形の足が落ちてる!」

「ひろってもひろってもごみがあるね」

「この小さなきらきらしたプラスチックも海に流れたら、

魚が餌と間違えて食べてしまうんだって。

そして、もし私たちがその魚を食べることになったら、、、病気になって困るでしょ」

なるほど。

この子たちは、学校の授業で、

ゴミが島の動物たちに与える影響のドキュメンタリーを見たようだ。

その内容は、幼い子供たちにとってはちょっと恐ろしい内容で、インパクトが強かったようだ。

そして、島での日々は自然に近く、本当に自然と共に私たち人間は生きていると私さえも感じる。

自分たちのすぐ近くにいる、魚たち、鳥たちを守りたい!

日々、自分たちの周りを飛んでいる鳥たちが病気になってほしくない!

ドキュメンタリーを見て、

直ぐに行動を起こす子どもたちに関心し、私たちはビーチのゴミ拾いをして過ごしました。

そして、しばらく子どもたちはビーチクリーニングのために週末に集まるようです。

Let's keep our beautiful Earth clean place to live for all of us!

#暮らし #海 #フィッシング

20回の閲覧
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge