• Sakiko

#RWC2019目指した戦い クック諸島 VS タヒチ 目指せ日本!

最終更新: 2月6日


今週末は、とっても大切な試合が開催されます。

ラグビーオセアニアカップ/ Oceania Cupの決勝戦。

クック諸島 vs タヒチ

そして、この戦いはラグビー2019年日本大会、#RWC2019を目指した、オセアニア予選②大会でもあります。

クック諸島 vs タヒチ

どちらも同じ、ポリネシアのマオリの民族。

いわば、親族&兄弟のような関係。

そして、地理的にもまさに隣同士の国々。

これだけ聞いただけでも、両チーム、いや両国の関心と試合への意気込みが感じられますよね。

クック諸島ホームにて、タヒチチームを迎えます。

オセアニア予選②大会は、

このオセアニアカップの優勝チームが、「アジア/オセアニア プレーオフ」に進む権利を獲得します。

アジアラグビーチャンピオンシップで最上位のチーム(日本を除く)とホームアンドアウェー方式でオセアニアカップの優勝者と対戦。 勝者は敗者復活トーナメントに進に、2019年日本大会へと近づきます。

オセアニア・カップは2年ごとに開催されるラグビーの大会です。

参加国は、以下の太平洋の島国

・アメリカンサモア

・クック諸島

・ニウエ

・ニューカレドニア

・パプアニューギニア

・ソロモン諸島

・タヒチ

・ツバル

・ウォリス・フツナ(フランスの海外準県)

2015年大会はパプアニューギニアが優勝。

その前年、2013年大会は我がクック諸島がチャンピョンでした!

ラグビーに関心がなかった私には全く知らなかったのですが、

クック諸島も決して、弱い国ではないんですね(笑)。

実際、ニュージーランドのオールブラックスに見られるように、

ラグビーはクック諸島、いやオセアニアの国々でもとても人気のあるスポーツです。

子どもたちも地域のラグビーチームによく参加して、

小さい時からボールを追いかけ、グランドを元気に裸足で走り回っています。

ラグビー選手を夢みる男の子ももちろん多いよう。

日本で活躍するクック諸島にゆかりのあるラグビー選手もいます。

2016年現在トップイーストリーグ1部の三菱重工相模原ダイナボアーズに所属するニコラス・ライヤン/ Ryan Nicholas選手。

オーストラリア出身ですが、ルーツはクック諸島。

ご両親はラロトンガ島に暮らします。

2019年9月20日から同年11月2日まで、日本で開催される、2019年ラグビーワールドカップ

オセアニア地区の島国で既に出場を決めているのは、

トンガとフィジー

そして

もちろんニュージーランドとオーストラリア。

この戦い、クック諸島vsタヒチ戦は、日本ラグビー2019年Pool Bを目指しての戦いです。

太平洋の強国サモアも、同じく敗者復活戦にて日本を目指します。

世界ランキング11位の日本には到底手が届きませんが、

南太平洋の人口1万人の小国、クック諸島は世界ランキングは現在43位とのこと。

ぜひ、がんばって、奇跡が起き(!?!)

2019年日本大会へ出場することができたらとても嬉しく思います。

実は、

私にとって初のラグビー観戦となります。

オセアニアカップ決勝戦

クック諸島 対 タヒチ

8月4日金曜日

午後3時クック諸島時間キックオフです!

乞うご期待

#スポーツ #タヒチ #マオリの人々 #日本とクック諸島

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge