• Sakiko

フラワー”ティアレ”祭 Te Mire Tiare Festival開催されました

最終更新: 2019年11月13日


南半球に位置するクック諸島。

12月は夏。

まさに常夏!南の島!というイメージ通りの気候が広がります。

時折雨が降り、島の緑がぐっと濃くなると共に、

島の花々が一斉に競うように咲き出します。

ハイビスカス

プリメリア

ブーゲンビリア

クチナシ

などなど、、、そして、名前の分からないお花もたくさん!

椰子の樹に囲まれながらの、南の島のトロピカルな生活、

一年中、花は咲いていますが、この時期がやはり一番花盛りでカラフルな季節です。

島の人々も、

お花を耳にさしたり、髪の毛に飾ったり、または花で作った冠をかぶったり、、、

テーブルにそっと飾ったりと、自分をハッピーな気分にするために、日々の生活を花で飾り楽しんでいます。

クック諸島の夏、花の旬の時期に、と、テ・ミレ・ティアレ・フェスティバルが開催されました。

ティアレとは、クック諸島マオリ語で”花=フラワー”を意味します。

フラワー・フェスティバルと言っても観光客向けのイベントではなく、

地元の人たちが、日々に身近にある花への感謝の気持ちを込めて、

そして、お花たちを身近に感じる暮らしを忘れないように、というイベント。

主な内容は、以下となります;

11月27日 プライベート企業&お店のデコレーション

11月28日 政府機関&役所のデコレーション

11月29日 学校のデコレーション日

ラロトンガ島の多くの施設が、お花や葉でデコレーションされます。

また、島の各学校では、

子どもたちによる生花の冠制作コンテスト、手作り衣装を着たダンスコンテストなども開催されました。

島のみなが自宅の庭に咲いている花を摘み、

それぞれ仕事場、学校に持参し、デコレーションを楽しむ1週間。

島全体が、一層花の香りに包まれました。

この時期、日中は日差しが強く30度近くになりますが、

朝&夕方はひんやりと涼しく、心地良い風が吹いています。

散歩をすると、空気に花の甘い香りが漂っているので、五感でトロピカルな花々を感じることのできる美しい季節です。

#ラロトンガ島 #花 #イベント #自然 #散歩

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge