• Sakiko

戌年です 犬に囲まれたクック諸島の暮らし

最終更新: 2019年10月30日


今年の干支は戌ですね。

南国のクック諸島のお正月は、今年の干支なんて感じたりすることは全くないのですが、、、

今日は干支の犬にちなんだお話を。

クック諸島の首都アヴァウアが置かれるラロトンガ島。

たくさんの犬が暮らす南国です。

そして、

犬も見惚れるほどの美しいラグーンに囲まれた島です。

お庭、ビーチを自由に歩き回り

生き生きと暮らす犬たちは、まさに幸せそう!

飼い主であるクック諸島の人の体型とマッチするかのように

痩せ型の犬は少なく、どの犬もしっかり、ずっしりとした体つきで、いかにも幸せオーラが溢れています。

恐らく、

島の人たちの残りの食べ物、たくさんの肉類の食事を分けてもらっていて

栄養満点、いや過剰気味な食生活なのでしょう。

ホテルの周辺、ビーチを散策していたら

犬”たち”が近づいてきたり、取り囲まれて少し怖かったです、という声も観光客の方から聞いたことがあります。

確かに、犬一匹ではなく、

しかも体の大きな犬たちに取り囲まれてしまったら、少しびっくりしますね。

でも、ご安心ください。

多くのラロトンガ島の犬はフレンドリーです。

ここクック諸島では、犬は放し飼いとされている場合が多く、鎖に繋がれた犬を見かけることはとても珍しいです。

野犬のように見えますが、

その証明としてビーチ・犬で見かける犬たちもそのほとんどが首輪をしています。

その首輪には、名前が記されたタグが付いていますので、

顔を撫でてあげる時に確認もできるので、名前で呼んであげるとわんちゃんたちも

あら?何で知っているの?っとびっくり!

さらに仲良くなれるかもしれませんね。

どの犬たちも自分の家、そして周辺の縄張りを見回りながら、遊びながらも、

”オーナーの敷地への部外者の侵入から守る義務”をしっかりと遂行しているように見受けられます。

その途中で

私たちに挨拶してくれたり、友だちの犬たちと遊んだり、海を眺めたり

時には海に使って泳いだり、

クック諸島の犬たちは本当に自由に、楽しそうに生きています。

クック諸島に初の動物病院ができたのは1995年のこと。

そして、昨年末に長年、島の動物たちのケアをしてきた 慈善団体The Esther Honey Foundation、通称エスター・ハニーの動物クリニックが閉鎖しました。

海外からら交代で赴任してくる、ボランティア獣医さんたちにより運営されてきた団体。

今までに、

4万5000匹の動物たちの治療をし、1万7000匹の犬の不妊治療をしてきたということ。

無償で。

ラロトンガ島が

元気でフレンドリーな犬たちで溢れている理由は、このエスター・ハニー病院の存在ゆえだと思います。

いままで、ありがとうございました。

そして、その活動は既に異なる団体にて引き継がれているので、今後も島の犬たちは元気でいることができるでしょう。

ムリビーチを散歩していると、

かわいい子を見つけました。

あ、ここにも。

また、いました!

ビーチ散歩をしながら、のびのびとしている犬たちにも会える

ムリビーチ外れの夕方の風景でした。

海外で犬といえば狂犬病が心配になりますが、

クック諸島では近年はあまり発生していないということです。

ご安心ください。

でも、時には襲ってきそうな勢いの犬もいるのは事実なので、

噛まれないように十分に注意してく、島の散策をお楽しみくださいね。

#ラロトンガ島 #ビーチ #動物 #散歩

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge