• Sakiko

クック諸島の伝説&ヒーロー パさんのスピリチュアルな姿

最終更新: 2019年10月28日


33年間にわたり、

世界中から集まった7万5,000人以上の観光客、そしてメディアクルーたちを

ラロトンガ島の聖地テ・ルア・マンガ、通称ザ・ニードルへ導いてきたパさん。

本名は、パ・テウルアアさん(Pa Teuruaa)

パというのは苗字ではなく、名前です。

通称ザ・ニードルとは、

現地の言葉でテ・ルア・マンガ(Te Rua Manga)。

ラロトンガ島の中心を突き刺すように、針りのような尖った岩がニョキッと聳え立つので、ザ・ニードルと呼ばれます。

高さ413m。

島を巡りながらドライブしていると、深い緑の山々が連なる風景の中に、

突然現れるザ・ニードルの鋭い岩は、やはり一風変わった出で立ち。

それもそのはず、

このザ・ニードルは島の中でも神聖なパワースポット。

聖なる場所として知られます。

そして、パさんも

島の大地と聖霊と深く繋がり、コミュニケーションができるスピリチュアルパワーを備えます。

ほぼ90%以上がクリスチャンの島で、数少ない仏教徒。

そしてがっしりとした身体からは想像できないけれど、お肉を食べないベガン。

パさんのスピリチュアル精神は、世界にも届いています。

2000年、

ダライ・ラマの使いたちがラロトンガ島を訪れ、パさんに島のエレルギーポイントを尋ねました。

パさんは、迷いもなくザ・ニードルに仏教僧たちを導き、彼らは900年昔のある高僧に所縁のある壺を埋葬したということです。

”その壺をザ・ニードルに捧げた後、

ダライ・ラマがラロトンガ島のこのテ・ルア・マンガ(ザ・ニードル)を世界の第8パワーポイントとしてブレッシングしたんだよ”

1990年代のハワイのキラウエア火山が噴火し、多大な被害を及ぼしました。

ハワイの女神ペレの怒りをどうにかして鎮めなくては、いけない!

そのスピリチュアルパワーを持った人を世界中を探し求めていたところ、

パさんを見た一行が、この人だ!と覚った。

パさんは、ラロトンガ島からハワイに飛び、女神ペレの為に儀式を行なった。

そして、女神ペレは次第に鎮まっていった。

女神ペレを世界で唯一沈めるパワーがあり、スピリチュアルコミュニケーションができるパさん。

ポリネシアの島々の石には特別なパワーが宿っていると伝わり、

古代ポリネシア人も石を特別な時に移動させたり、神聖な場所を石で囲ったりしていた。

また、ハワイの島の石にはパワーが宿っているので、

石を持ち帰ったら女神ペレの怒りから呪われる、と現代でも言われる中、

ラロトンガ島のパさんの自宅の庭には、大きな女神ペレのハートと伝わる石が巨木の下に祀られている。

遠いラロトンガ島にいながらも、

女神ペレ、そしてハワイ島の平和を日々祈ってください、という願いを込めて

ハワイの人々から託された大切な石。

パさんは

この石、いや女神ペレのハートを日々大切に預かり、祈りを捧げ、またスピリチュアルコミュニケーションをしています。

つづく... ...

#アクティビティー #マオリの人々 #自然 #歴史伝説

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge