• Sakiko

【旅の感想】日本人ガイドが案内するラロトンガ島1周観光 コアな体験でした

最終更新: 2019年10月24日


ラロトンガ島は、

気ままにサイクリングやウォーキングで散策しても、美しい風景や地元の人と出会いがあって、楽しい島だと思います。

”安全”な空気が流れているし、小さな島だし、、、。

よりじっくりと島について理解を深めたいという方には、島一周観光にご案内する事が可能です。

この度、ご一緒したご夫婦より感想が届きましたので、ご紹介いたします。

(以下、いただいた感想)

普通の観光だけでは味わうことのできないこと盛りだくさんで、

身近なラロトンガの生活や自然に触れることができ、クック諸島のお話を聞くことができ、

とてもコアな体験をすることができました。

本当に感謝でいっぱいです!!

ココナッツの体験も、みんなに自慢しています!

またクック諸島にいくことができらいいなー、と思い出す度に主人と話しています。

(感想、以上)

1週32kmの小さな島なので、半日観光でぐるっと1周しながら

見所や、景勝地はもちろん、島の人々の生活風景を感じられる盛りだくさんの体験です。

乾燥にも含まれていた、ココナッツ体験というのは、、、

島の人にとっては、”生命の木”と呼ばれ欠かすことのできない、大切な木。

ココナッツのみの成長&サイクル過程を学び、実際に割って見ると、あらら!

びっくり!実は、ココナッツには「目」と「口」があるのです!

知っていましたか?

そして、新鮮なココナッツジュースを飲み、ココナッツミルクを絞り、、、

そんなプチ島体験をお楽しみいただいたようで、嬉しく思います。

ココナッツを割っていると、

「私たちにも分けてね!」と庭の鶏たちが集まって来ます。

南国の家畜たちの餌はなんと、ココナッツ!

豚さんたちもココナッツが大好物なのです。

でも、周りには有り余るほど転がっているし、何もしなくてもどんどん落ちて来るので家畜の餌代実質無料!?

そんな、面白おかしい島暮らしのお話をしながらのツアーです。

「島にたくさん放し飼いされている鶏は誰が所有しているのですか?」

島を巡っていく中で発見した、

そしてちょっと気になる質問にも、分かる範囲でお答えいたします。

何も言われなかったら

普通に通り過ぎてしまう荒地のような草原も、実は、マラエと呼ばれる石で囲まれている聖なる場所。

集会が行われたり、

生贄などの宗教儀式が行われていた場所です。

ラロトンガ島中に数えられないほどたくさん点在しています。

その数100は優に超えるとのこと。

一番大きなマラエは、山の上にあり、サッカー場ほどの大きさだとのことです。

ラロトンガ島の絶景、定番のムリビーチのお散歩&記念撮影、

そして、単に美しいビーチスポットだけではなく、

島の人々にとっての聖なる場所、ブラックロックなどもご紹介します。

せっかくだから、この小さな楽園、ラロトンガ島の奥深くまでじっくりと理解し、巡って見たい方。

島の人々の暮らしを少し覗いて見たい方、

古代ポリネシア人の大航海のストーリーに興味がある方などなど(私も目下勉強中!)、

ラロトンガ島と人々を愛する私が、ご案内する事が可能です。

日本人ガイドと行くラロトンガ島1周観光(半日)

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

#旅の感想 #アクティビティー #自然 #ココナッツ

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge