• Sakiko

蜂に刺された際の島の伝統的な治療薬 続編

最終更新: 2019年10月28日


実は、蜂に刺されたのは恥ずかしいことに瞼、眉毛のすぐ下。

悲しいことに、周りの人に隠し通すことができるはずもなく、しばらくはバンダナをして冷やしながら隠すという日々でした。

「私の親族が、ラロトンガに休暇できていて、ちょうど目と目の間に鉢に刺されて、滞在中みんなに顔を見せることが

恥ずかしくてかわいそうだったわ」

「僕もちょうど昨年のハロウィーンの前の日に瞼に刺されて、仮装せずにみんなを驚かせていたよ」

なんて、同僚もいました。

ということで、私のように蜂に刺されるのは、決して珍しすぎることでは無いようで安心しました。

みんな、すぐに

「ティパニの樹液付けた?」

と、聞いてくれます。もちろん!と島っ子のように答える私。

話しているうちに、クック諸島では伝統療法として蜂に刺された際に利用されている治療薬がたくさんあることが分かりました;

1. 潰したニンニク

2. ハチミツ、かゆみや痛んだ傷跡

3. バジルの葉

4. ベーキングソーダ。ベーキングソーダが入っているペースト

5. アップルサイダービネガー

6. 歯磨き粉

7. 濡らしたアスピリン錠剤

8. カモミール

効用はいかに?

でも、これらの療法はいまでも、島の各家庭で利用されているようです。

どこの国でも、おばあちゃんの知恵に勝るものは無し、でしょうか。

蜂に刺され、少しクック諸島の知恵が増え嬉しい気分です。

#マオリの人々 #暮らし #歴史伝説

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now