• Sakiko

ラロトンガ島の遊泳禁止場所 水の事故には気を付けよう

最終更新: 2019年10月28日


先日お知らせした、ラロトンガ島の遊泳禁止場所。

島の南西に、珊瑚の切れ目の危険なパッセージが並んでいます。

クック諸島ウォーターセイフティー&ライフセービングカウンシル(Cook Islands Water Safety & Surf Lifesaving Council Inc.)が

観光客に向けて、水の事故を未然に防ぐための啓蒙パンフレットを手に入れたので、詳細をシェアいたします。

ラロトンガ島の海で遊ぶ際の注意点

・パッセージ付近での遊泳、カヤック、シュノーケリングは禁止となっています。

・ラロトンガ島のラグーンでは一人で泳いだり、シュノーケリングをしないでください。

島の南西に4つの特に危険なパッセージがあるので、要注意です。

Danger - Strong Currentsの看板が、道路沿い、そしてビーチにも立っていますので見逃さないでください。

一部の危険地域を除いて、その他の場所は安全なラグーン&ビーチが広がります。

しっかりと場所を選べばいいのですが、万が一、流されている!と感じた時の対処法;

・助けを求めるシグナルを出してください

・流れに垂直になるように、浅瀬を目指してください。

・浅瀬にたどり着けなくても、パニックにならないでください。

 リラックスしてください。流れに身を任せて、ラグーンの外に出てください。

・助けを待ってください。

・落ち着き、正常心でいることが大切です。

ラロトンガ島で、緊急援助の電話は 999 です。

「 危険だよ」という看板、クック諸島マオリ語でMATAKITEと書いてありますね。

"マタキテ"ね、とまるで日本語のような単語。

これは、危険、注意、を意味するクック諸島マオリ語です。

また来てね、と書いてあると間違えて、この看板が立ててある付近のラグーンでは決して泳がないようにしてくださいね。

#海 #ビーチ #お知らせ #旅に役立つ情報

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge