• Sakiko

帆船Fa'afaiti ニュージーランドへ向けて出発

最終更新: 2019年10月28日


3日間のラロトンガ滞在を終え、出発の日が来ました。

ラロトンガ島のコミュニティー共Fa'afaiti =リコネクトして食料&水の補給も終わり、いざ出航!

途中で、っあ!足りなくなった!となっても補給は一切不可能。

クック諸島の政府の役人もフェアウェルに加わり、ささやかな儀式が行われました。

ポリネシアの人々は、石にはパワーが込められていると考えています。

帆船で旅をする時には、出発地の土地の石を安全航海の気持ちを込めて帆船で運び、到着した地に捧げてきました。

すでにFa'afaiti号にも、クルーたちが託された、タヒチの島々の石が積まれていました。

そこに、ラロトンガ島の石も追加され、いよいよ出発です。

タヒチの帆船Fa'afaiti号 ラロトンガに到着

18名のタヒチアンクルー。

約3000kmの海の冒険。

南西へ、南西へ、南十字星の角度を図り、蠍座が沈む方向へと向かいます。

風や波の状況により、約3週間前後で到着する見込みとのこと。

すごい、すごすぎる。

かっこいい!

私も加わりたい!

どんどん小さくなる帆船の姿を見つめながら、

これから3週間あまり、ふと海を眺めながら、楽しく&厳しく航海を続けるインディアキャプテンとクルーたちのことを

想像し、想いにふける日々が続きそうです。

ボンヴォヤージ!

海の彼方に帆船が浮かぶロマン溢れる島の日常

#ポリネシアンカヌー #マオリの人々 #海 #ニュージーランド

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge