【質問】国内線の座席はリクエストできますか?


クック諸島の島々は、国内線エアーラロトンガが結びます。

ピンク色の花が描かれた尾翼はなんともリゾート&南国感が漂い、

出発ターミナルで、緑の山々を背景にちょこんと滑走路脇に止まる、

その小さな愛らしい機体を眺めると、なんとも”世界の果ての小さな島に来たんだなあ”という実感が湧いてきます。

定期便で結ぶのは、2つの種類のプロペラ機。

34人乗りと15人乗りの、どちらもとても小さな飛行機です。

「特別な旅行だから、パートナーと隣同士の席を確保したい!」

「写真を撮りたく、また、景色をよく見たいから、翼の上の席はできれば避けたいのだけれど、、、」

【質問】多くの国際線のように、座席の事前指定はできるのでしょうか?

はい、座席のリクエストは事前に可能です。

ご予約の際に、旅行社の方にご相談ください。

しかし、当日の航空会社の調整により、

リクエストした座席も、直前に変更となる可能性があることは、あらかじめご理解ください。

(*2018年3月現在の情報です)

そして、チェックイン当日。

チェックインカウンターにて、エアラインスタッフに窓側席、通路席などリクエストも可能ですので、

ご希望があるかたは早めに並び、問い合わせてみてくださいね。

さて、肝心な座席ですが、

アイツタキ島デイツアーに向かう、

ラロトンガ島8:00am発の飛行機は、通常34人乗りの大きい方のプロペラ機となり、

以下のような、左1、右2の横3座席となっています。

その他の便は、上記の34人乗りのもの、

もしくは、以下のような15人乗りの機材となる場合があります。

左右窓側に1席ずつ、

本当にパイロットさんがすぐ近くの、どきどきするような小さなプロペラ機ですね。

エアーラロトンガは現在まで、無事故。

そして、日々、南の島の小さな航空会社としては、びっくりするぐらい定刻時間運行となっています。

皆さんがアイツタキ島に飛ばれる便が、

どちらの大きさの飛行機による運行になるかは分かりませんが、

どちらも、安全ですのでご安心くださいね。

大きな違いといえば、

34人乗りの機材はフライトアテンドさんが、コーヒー&紅茶、お水のサービスをします。

ジュース、クッキー、ワインなどは有料です。

15人乗りの機材は、

フライトアテンダントさんが乗っていないため、リフレッシュメントサービスがないフライトとなります。

パイロットさんがぱっと後ろを振り返り、乗客たちへのアナウンスで出発する、わくわくフライトです。

良いフライトを!

Bon voyage!

#エアーラロトンガ #空港 #旅に役立つ情報

You Might Also Like:
  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

©2020  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now