2022年に向けてその① 1月13日から適応入国ルール決定

オミクロン株のニュースが日々続く中、

11月1日から世界からの旅行者の受け入れ再開を予定通り進めると決断した

同じく太平洋の楽園フィジーのニュースはクック諸島の政府、人々にどのように届いたのでしょうか。


12月7日、アヴァルア市内で国境再オープンに対する静かな抗議デモが行われました。

「国境オープン反対」

「親である私たちは心配です」

「医療設備を守ろう」

「旅行者は最新の注意を払って来てください」

今ままでも、不安な人々が多いとは噂では聞いていたけれど、

1ヶ月後に迫った観光客受け入れがもう目前となり、人々が声をあげ始めました。

100人強がドラムの音と共に、早朝、政府関係者が出勤する朝8時の時間帯に集い、行進しました。


さて、

政府は予定通り、年明け1月13日から観光客を受け入れることを宣言し

入国にあたっての条件を以下のように発表しました。

合わせて、ニュージーランド政府も先日、日本を含む世界からのワクチン接種済み旅行者の受け入れ開始を2022年5月1日から段階的に行う、と発表しました。 よって、2022年半ばごろには、日本からの旅行者がクック諸島に来ることができるようになるのかなあ、 とは想像しています。



クック諸島への2022年1月13日以降の入国条件: 参照:https://cookislands.travel/news/novel-coronavirus-information-travellers-arriving-cook-islands


・2度のワクチン接種を完了している事。 ・クック諸島に向けて出発する48時間前までに受けた新型コロナウイルス検査で陰性を証明すること。

・ニュージーランドを出発する96時間前までに「クック諸島保健省の旅行申告書(Cook Islands Ministry of Health travel declaration)」に記入しておくこと。

・すべての旅行者に対して、クック諸島における2つの公式接触追跡システムCookSafeとCookSafe+ の利用が求められます。

・クック諸島へのアクセスはニュージーランド経由となります。ニュージーランド以外からクック諸島を訪れるすべての旅行者は、クック諸島に来る前に「ニュージーランドの入国条件」に適合していなければなりません。

・全ての旅行者は、クック諸島入国の前に最低10日間ニュージーランドに滞在する必要があります。

クック諸島における接触追跡システム:COOKSAFEとCOOKSAFE+


CookSafeと CookSafe+ は、クック諸島における2つの公式接触追跡システムです。 CookSafeはCookSafeスタンドでタグインするために使用する固有のQRカードです。QR カードは旅行者がクック諸島に上陸する前に機内で発行されます。 CookSafe+ は、近くにいる他のCookSafe+ アプリ利用者やニュージーランドのウイルス追跡アプリ利用者を登録するために、スマホのBluetooth技術を利用した接触追跡アプリです。

クック諸島プロミス:島民や旅行者の安全を保護する


クック諸島は、国境を開放し観光事業再開の準備を進めていますが、旅行者を迎えるにあたって、政府や観光事業者やすべての島民は、最高レベルの警戒を怠りません。私たちは、「クック諸島プロミス(The Cook Islands Promise)」を開発しました。これは、広く「新型コロナ」と呼ばれる重症急性呼吸器症候群ウイルスから、クック諸島のすべての住民や海外からの旅行者を保護するための約束です。首相官邸と保健省(テ・マラエ・オラ)の協力の下に、クック諸島観光局が開発した「クック諸島の約束」には、すべての人を保護する基本的なウイルス予防策も含まれます。




英語原文:

TRAVEL ENTRY REQUIREMENTS FROM 13 JANUARY 2022:


・All travellers must be double vaccinated.

・All travellers will need to provide a negative PCR COVID-19 test taken within 48 hours prior to departure to the Cook Islands.

・Every traveller must complete the Cook Islands Ministry of Health travel declaration within 96 hours before departing for the Cook Islands.

・All travellers will be required to use CookSafe and CookSafe+ which are the two official contact tracing systems in the Cook Islands.

・Access to the Cook Islands is via New Zealand. All travellers outside of New Zealand will need to meet New Zealand entry travel requirements.

・All travelers must have been in New Zealand for a minimum of 10 days prior to entry into the Cook Islands.


CONTACT TRACING IN THE COOK ISLANDS: COOKSAFE AND COOKSAFE+


CookSafe and CookSafe+ are the two official contact tracing systems in the Cook Islands. CookSafe is a unique QR Card that is used to tag in at CookSafe stations. The QR card will be issued to you in flight before you land in the Cook Islands. CookSafe+ is a contact tracing app which uses smartphone Bluetooth technology to register other CookSafe+ App users and NZ Covid Tracer App users in your vicinity.


THE COOK ISLANDS PROMISE: SAFEGUARDING OUR ISLAND COMMUNITIES AND OUR VISITORS


As the Cook Islands prepares to opens its borders and tourism businesses, vigilance is paramount as Government, the tourism industry and the wider community welcome visitors back to our little paradise. The Cook Islands have developed ‘The Cook Islands Promise’ which is a joint commitment to protect all Cook Islands residents, and international visitors, from the severe acute respiratory syndrome virus widely known as COVID-19. Developed by Cook Islands Tourism in collaboration with the Office of the Prime Minister and Te Marae Ora, the Cook Islands Promise includes some basic measures when applied will help to safeguard all.