コロナワクチン一斉接種で7月末完了予定 コロナ警戒レベル明確に

トラベルバブルのニュースを追いかけるように、

コロナワクチンの一斉摂取も開始という発表がありました。

5月18日、ラロトンガ島の医療・国境管理関係者、ホテル従業員がプライオリティー摂取が始まり、

島をぐるっと一周、村ごとに接種日が決めらました。

16歳以上の島民全員、ファイザー製ワクチンを無料で提供。

約10,000人弱ぐらいでしょうか?一気に接種を試みるということです。

接種は強制ではなく、自己判断で。


ラロトンガ島の摂取が完了したら、そのままワクチン接種医療関係者が

クック諸島離島を順番に巡り、国民全てを摂取する目標。

島民100人から300名の離島は、1日で全員接種し、翌日に飛行機で次の島に移動するという

大規模な、正に国を挙げての大きなロジスティックを兼ねたワクチンキャンペーンです。


2回目の接種も同様にラロトンガ島を筆頭に、順番に各島を巡り、

クック諸島内の全ての国民、接種を希望する人たちのワクチン接種は7月末に終了予定。


副反応が心配だから、という声もちらほらと私の周りには聞こえますが、

高齢者、そして非感染性疾患の割合が高いクック諸島の人々にとっては、

国境を開けて再び観光客を受け入れるようになるために、、多くの人々はワクチンを心待ちにしています。

ニュージーランド政府が率先して、自国民と共に太平洋諸国を守る目的で

ワクチンの確保をしてくれました。

まだ日本の高齢の親族にも順番すら回ってこない段階で、

世界の果てにいる私にまさかワクチンの順番が回ってくるなんて想像もしていませんでした。


政府は、ワクチン接種の手順を分かり易く知らせるビデオを作成し

できるだけスムーズに進むようにと懸命です。

観光大使であるキアオラナアンティー、ナンさん&リディアさんも大活躍。


また、NZとのトラベルバブルが始まることにより

コロナウィルスに対する警戒レベルのNZの状況を反映させるようにステップも一新しました。


現在はレベル1の緑信号です。

「準備段階:クック諸島には感染者はいない。そしてNZの状況も落ち着いており市内感染はない」


今後NZと人々の動きがあると、

人の移動と共に、ウィルスもクック諸島に移動してきてしまう可能性はないはずはない。

いつかは、コロナウィルスが国内に入ってくることを想定して、3つの段階を作りました。


レベル2:減少

クック諸島内では感染者は確認できていないが、NZ内でコミュニティー感染が確認されている


レベル3:制限

クック諸島内で感染者が確認された。コミュニティー感染の有無は不明


レベル4:ロックダウン

クック諸島内で、1件以上の感染者が確認でき、コミュニティー感染が起きている可能性が高い



クック諸島でロックダウンが起こるとは今は誰もが想像すらしていないと思うけれど、

今後、ありえない話ではないことは確か。

エベレストにも、南極にも到達したコロナウィルス、人が移動すると必ずついてくる。

国境を開けるということは、リスクを負うこと。


私がクック諸島で暮らしていて、とても安心感があるのは、

政府が明確に説明をしてくれること。

今、どの状況で、変化があったらどうなるか、先が見通せない暮らしの中でも、

今後どうなるか、ということを知ることができ、心の準備ができることは大きな心のゆとりです。


一年前、マーケットで並んだときには、

私を含めて多くの人々が、えーこんなものいらないよ、って笑っていたアイランドスタイルのマクス。

高級ファッションブランド、TAVの布を使ったマスクですが、いよいよ買わなきゃです。




以下は、クック諸島政府のコロナレベル別、詳細説明の案内です。

レベル3&4になることがないことを祈りながら... .... ...


Cook Islands Covid-19 Response


レベル1では、体調が悪い場合は家に留まる、手洗いなど清潔感を保つ、Cook Safeで行動を記録する、など

Level 1

• Quarantine-free travel (QFT) between NZ and the Cook Islands is permitted, providing travellers have spent a minimum of 14 days in either country before travel • Stay home if you’re sick, report flu-like symptoms to TMO • Wash and dry hands thoroughly, cough into elbow, don’t touch your face

• People are encouraged to maintain a record of where they’ve been if they haven’t registered for CookSafe or downloaded the CookSafe+ contact tracing app • No restrictions on gatherings, workplaces or services, but organisers are encouraged to maintain records of attendees to enable contact tracing



レベル2では、トラベルバブルを一旦停止する可能性があることに続き、接触者のマステスト、到着客の自己隔離が必要、離島への移動の制限、2mのソーシャルディスタンスを保つ、教育機関は通常通り、100人以上の集い禁止、レストラン&バーで顧客同士適切な間隔を保つ、スポーツ&イベントなどOKだけれども十分に警戒して可能な対策を行いながら実施

Level 2

• Quarantine-free travel (QFT) between NZ and the Cook Islands may be suspended for a minimum period of 48 hours. A negative COVID-19 test may be required prior to travel • There will be intensive targeted testing and contact tracing of arrivals from the previous 14 days • Self-isolation and quarantine is required for recent arrivals for a minimum period of 24 - 48 hours • Restrictions on travel to the Pa Enua • Maintain physical distancing of 2 metres from people in public spaces and 1 metre in workplaces where practical

• All educational facilities remain open

• Businesses can remain open if maintaining physical distancing and record-keeping • Face-coverings encouraged on public transport and aircraft, children under 12 exempt • No more than 100 people permitted at gatherings (including weddings and funerals) • Restaurants, bars and hospitality businesses must keep groups of customers separated, seated and served by a single person, with maximum 100 people at a time • Health and disability care services operate as normally as possible • Sport & recreation activities allowed, subject to certain conditions such as physical distancing where practical, numbers allowed at gatherings and contact tracing

• Public venues can open if they comply with public health measures and ensure 2 metre physical distancing and record keeping



レベル3。トラベルバブルの一旦停止、コンタクトトレースによる大量PCR検査、到着客7日の自己隔離、学校・教会・スポーツイベントなど一時中止、バブル内で過ごす、10人以上の集まりは葬式と結婚式のみ許可、バブルを出るときにはマスク必須、エッセンシャルビジネス以外コンタクトがあるビジネスは休業、NZ人はできるだけ早く帰国すること

Level 3

Two-way QFT & passenger arrivals suspended for a minimum of 72 hours • Intensive targeted testing of recent arrivals and close contacts from previous 14 days • Self-isolation and quarantine required for recent arrivals for a minimum period of 7 days • Closure of all educational facilities, churches, sport and social activities and other non-essential services for 72 hours • People instructed to stay home in their bubble other than for essential personal movement for a minimum period of 72 hours • People must work from home unless that is not possible • Pa Enua travel is highly restricted • Gatherings of up to 10 people allowed but only for funerals or weddings • Healthcare services must use non-contact and virtual consultations where possible • Face coverings mandatory with physical distancing and hygiene practices maintained outside your bubble • Businesses cannot offer services that involve close personal contact, unless it is a supermarket, primary produce retailer, pharmacy, petrol station or hardware store providing goods to trade customers, or it is an emergency or critical situation • Recommend NZ visitors to return to NZ as soon as practically able



レベル4。エッセンシャルな用事以外は家でバブル内で過ごす。帰国者は14日間の隔離、学校クローズ、集会禁止、エッセンシャルでない会社は休業、ヘルスケアが最大優先

Level 4

• People must stay home in their bubbles other than for essential activities, including work • Businesses closed except for essential services (example supermarkets, pharmacies, clinics, petrol stations) and lifeline utilities • Domestic/Pa Enua travel is severely limited

• Two-way QFT & passenger arrivals suspended for a minimum of 14 days

• Intensive targeted testing of recent arrivals and close contacts from previous 14 days

• Self-isolation and quarantine required for recent arrivals for a minimum period of 14 days

• Face coverings mandatory with physical distancing and hygiene practices maintained outside your bubble

• All gatherings cancelled and all public venues and non-essential businesses closed

• All educational facilities closed

• Healthcare is reprioritised

• Rationing of supplies and requisition of facilities is possible