甘い香りが南国気分を誘う、プルぺリア。クック諸島マオリ語でティパニ(Tipani, 英Franpani)。
クック諸島の人々もよく耳に飾っている。

愛されている花ティパニの、かわいいピンク色の花を三つ尾翼に飾ったエアーラロトンガ。

南国の空と海に映える機体がクック諸島の空を飛び回っています。

小さな機体

Saab 340というプロペラ機は34人乗りで、一人のフライトアテンダントさんが添乗しています。

更に小さい15人乗りの両側1座席のみの機種もあります。なんとパイロットさんが、操縦席から乗客の方をくるっと振り返りながら、アナウンスをします!手荷物検はありませんのでお飲み物も持ち込み可能。暑い日差しのクック諸島ですので、お水などの水分補給も忘れずに。

ラロトンガ空港の発着陸は、離陸時の風の方向で大きく左右されるため、どちら側の窓側の席の方がラロトンガ島を綺麗に見下ろすことができるか、というのは事前には分からない。なので、運に任せよう!

チェックイン荷物

小さな飛行機なので、きっと荷物の制限もあるのでは?と心配される方が多いですが、国内線エアーラロトンガのチェックイン荷物のリミットは、多くの国際線と同じく23kg

なので、国際線からの乗り継ぎの際にも心配なく、そのままチェックインすることが可能です。

 

サーフィン、スキューバダイビング等でお荷物が重くなってしまう方は、1kg当たり3.50NZ$の超過料金が発生するのでお気を付けください。

 

乗り継ぎに必要な時間

コンパクトなラロトンガ空港は、国際線と国内線混合の2つのターミナルビルが隣り合わせに位置します。

 

国際線で到着して、そのまま国内線でアイツタキ島に飛んだり、また、アイツタキ島から到着後にそのまま国際線で出国することも日程によってはスムーズでき、バケーション中の貴重なお時間を無駄なく利用できます。

以下の時間がエアーラロトンガが確約するトランジットに必要な時間となります。

  国際線到着 > 国内線へのトランジット      90分

  国内線到着 > 国際線へのトランジット      120分

火曜日の接続例)

  GZ615 アイツタキ島発・ラロトンガ行き 11:40/12:30 (トランジット時間2時間25分)

  NZ45      ラロトンガ島発・オークランド行き 14.55/18:20

​国内線 エアーラロトンガ

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

© 2019 by Cook Islands Concierge