​クック諸島 旅の基本情報

 

【どこにありますか?】

南太平洋の正に真ん中に浮かぶ15の小さな島からなる国です。

ハワイからまっすぐ南に進み、赤道を挟んで更に南下します。赤道と同じ距離の南半球の場所。そこにクック諸島は浮かんでいます。

タヒチの西側、東側にはニュージーランドがあります。

 詳しくは → ブログ:クック諸島ってどこにあるの?

【出入国】

ビザ:      日本国籍パスポート保持者は、観光目的で31日以内の滞在はヴィザ不必要。

         入国後、首都アバルアの移民局で、1か月単位の更新が可能。最大6か月の滞在まで。

パスポート:   滞在予定期間+6か月以上の有効であることが必要。


入国審査の注意: 帰国時の航空券を提示が求められます。お手元にご用意ください。


無税で持ち込み可能なもの: 

 2リットルのスピリットまたは2リットルのワイン(組み合わせて2リットルまで許容)または4 1/2リットルのビール 

 200本のたばこ、または20ケースのたばこ、または250gのたばこ

 香水 - 個人的な使用

 カメラ - 制限なし

 映画 - 合理的な額

 ギフト - 合理的な金額

 再販用以外のNZ $ 750までの商品

 検疫 - 乗客による果物や野菜の輸入は禁止されていますが、ニュージーランドの肉は適切に包装されていれば容認されます。

到着ロビーで:  出口ゲート付近で、観光局のスタッフが宿泊ホテルを尋ねます。"Which hotel are you staying?"
                                   出迎えスタッフ、もしくはドライバーをお知らせしますので、ご宿泊ホテル名を再度確認してください。

【お金に関して】

通貨:      

ニュージーランドドル(NZD)。同じ価値のクック諸島ドルのコインも同じように流通しています。

 紙幣:5, 10, 20, 50, 100NZD

 コイン:10cent, 20cent, 50cent, 1,2,5

両替:      
日本円からニュージーランドドルへの両替はアヴァルア市内のBank of South Pacific本店、ANZ銀行にて可能。

空港には銀行・両替施設はありませんので、クック諸島到着前に日本、もしくはオークランドの乗り換え時に両替を済ませておくことを強くお勧めします。
ラロトンガ島、アイツタキ島にはATMもあり、現金の引き出しも可能です。

主要な大型ホテルでは(エッジウォーターリゾート、パシフィックリゾートなど)、USドル、EUROからの両替は可能です。

クレジットカード:

VISA とMaster のクレジットカードが主要なホテル、レストラン、お土産屋さんで利用可能。JCBは利用できる箇所が限られ、またAmexはパシフィックホテル関連施設のみで利用可能です。

インターネット:

地元の電話会社BlueskyのVisitor SIM(49NZD、2週間有効)の購入、HOT Spotにてデータのオンライン購入、もしくは、インターネットカフェ(アヴァルア市内、ムリビーチ)の利用が可能です。多くのホテルではWifiデータの購入が可能です。無料パブリックWifiは現在はありません。

税金&サービス料: 

商品やサービスには12.5%の消費税VATが既に含まれている形で表示されています。

 詳細はこちら → ブログ:クック諸島のお金事情

電圧:  240Vの50Hz。プラグは3穴式のOタイプ。

飲料水: 水道水は飲料に適していません。ミネラルウォーターをご利用ください。

     離島や、商店へのアクセスが難しい宿泊施設によっては浄化した水(filtered water)を提供していることもあります。

心づけ: クック諸島では心づけ(チップ)の文化はありません。

時差:  日本時間よりも-19時間。

     日本が朝7時の時、クック諸島は前日の正午12時。ほぼ、一日遅れです。

     ニュージーランドとは、-22時間。

     ニュージーランドから来る際は、短い3-4時間のフライトでも、日付変更線を越えて、1日戻るのでご注意を。

     例)土曜日の16:25PMにオークランド発。4時間後のフライトで、クック諸島に到着するのは金曜日の22:15PM。

【移動&交通手段】

島内一周バス:

1周32kmのラロトンガ島の外周道路は、時計回り(Clockwise)と、反時計回(Anti-Clockwise)りのバスが約50分で1周しています。距離に関係なく1乗り5NZD。乗車時に降りる場所を運転手さんに伝え、料金を払います。

 時計回りバス:7amから11pmまで(月―木、土)、7am -10pm & 12am – 2:15am (金)、8am – 12pm & 2-4pm (日)

 詳細スケジュール&乗り方等はこちら → ブログ:地元っ子気分!一周バスでラロトンガ島をまわってみよう!

 

レンタカー:

クック諸島での運転は国際免許証をご持参いただけるとスムーズです。日本の運転免許証との同時提示で、クック諸島内でそのままご利用いただけます。もしくは他国で発行された有効な、英語表記の免許証(例:ニュージーランド政府発行の運転免許証)でも利用可能です。

2017年現在、クック諸島の運転免許証の取得には、日本の免許証の英訳が必要です(要するに英語表記の国際免許証が必要)。また、レンタカー会社も日本の運転免許証ではレンタル受付は不可能です。

または、実技&筆記テスト(もちろん英語です。各テスト費用、10NZD)に合格すると、クック諸島の運転免許証の発行も即日可能です(発行手数料20NZD)。

レンタスクーター:

国際免許証、もしくは英語表記の免許証(例:ニュージーランド)にてMotor Cycleが許可されていると、そのままの免許証でクック諸島で、レンタルができ、即運転が許可されます。

バイクの免許を保持していない場合でも、クック諸島の警察署にて実技テスト&筆記テストを合格すると、即日クック諸島免許証が発行されます。20NZDのテスト料金(筆記&実技)、そして合格後に免許書発行代で20NZDが必要です。

なお、2016年10月より、旅行者がラロトンガ島でのバイクの乗車の際は、ヘルメットの着用が義務付けられています。道はとてもシンプルで、交通量も少ないですが、道のわきから急に飛び出してくる動物、子ども、そして対向車も含めご自身の安全のため、また、警察のチェックもありますので、ご注意下さい。

運転免許証:

クック諸島での運転は国際免許証をご持参いただけるとスムーズで、そのままご利用いただけます。もしくはクック諸島の運転免許証の取得が必要です。詳細はこちらを参照ください; 運転免許証取得事情

道路事情:
日本と同じ、右ハンドル、左車線走行。

アヴァルアタウン中心部は最高速度30km/hr、学校付近は20km/hr、その他の場所は50km/hr

観光客の全員、またクック諸島人の16歳から25歳の人はヘルメットの着用義務があります。

【おすすめシーズン】

トロピカルな南国を楽しむには…. 11月から5月。30度近くあつく、海で泳ぐには最高。こちらの春から夏のシーズンに当たります。たくさんの南国の花が咲き(特に11月-1月)、道にはマンゴ、グアバ、パッションフルーツなどの多くの果物が実る美味しいシーズンです。

サイクロンシーズンなのでNGと書いてある旅行雑誌も多いけれど、サイクロンは滅多に来るものではなく(2016-17年シーズンは1つがかすめただけ)、1日中しとしと降る雨の日は珍しい。

 

ザトウクジラのシーズン….6月中旬以降から10月上旬が目安です。子育てのため、温暖で安全なクック諸島近海に集まります。ホテルや、ドライブ中に道沿いからもクジラが観察出来ることもしばしばある感動シーズン。


ポリネシアダンスを満喫するなら….7月末から8月。毎年、8月4日の憲法記念日に合わせて、国をあげて人々が躍る、ダンスの祭典が1週間にわたって行われる。ポリネシアン文化を満喫したいのであれば、ぜひ。

 

【持ってくると便利なもの】

直射日光対策:
日焼け止め、サングラス、帽子、ラッシュガード、日よけのため薄手で上に羽織る長袖。


蚊よけ対策:
蚊が場所によってたくさん感じることがあります。スプレーで予防し、また刺された際のムヒも。島内のショップでも購入は可能です。


夜対策:

島の道路には街灯はほぼなく真っ暗。サンセットをビーチで見てレストランで食事をしていたら、帰ることには真っ暗なんてことも。ホテル内も思ったより暗い場合が多いので懐中電灯、やスマフォのライト機能が重宝します。お部屋に戻ったら満点の星を楽しんで!

また、夜は風が出て、思ったより涼しくなることもあるので、1枚上に羽織れるものがあると安心です。

 

【身の安全&治安】

日本のように安全な国。しかし、部屋の戸締り、貴重品の管理、大金を周りに見せない&不用意に持ち歩かない、暗い道の一人歩き等、常識の範囲の対応を。

  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

Search by Tag

© 2019 by Cook Islands Concierge