2020年を振り返る コロナ感染者ゼロの国 - その2

クック諸島の国境がクローズになって早くも10ヶ月が過ぎようとしている。


1月末より、日々コロナウィルスのニュースが耳に入るようになってきた。

当初は、数ヶ月で落ち着くだろう。

8月のホリデーシーズンまでには終わっているでしょう。

いや、クリスマスまでには、、、

私たちの期待は見事に延期延期で、2020年が終わろうとしている今でも

一向に数ヶ月先のことも想像できない現状。


世界でも数えるだけの国となった

コロナウィルス感染者ゼロの国の一つ、クック諸島。

自分自身の記録として残すつもりで、この一年を振り返ってみたいと思います。


1月末になりコロナウィルスがニュースで伝えられるようになった。

でも、私たちクック諸島住人の心の中では、中国やヨーロッパの話であり、

私たちには無関係のかけ離れた遠い世界のことのように感じられていた、と思う。


ニュージーランドが中国滞在歴のある旅行者の

入国を拒否するようになったというニュースが届く。

その後、イタリアからの旅行者も入国拒否されるなど、 刻々とアップデートされるニュージーランド政府のニュース&入国管理局のウェブサイトを 度々リフレッシュしながら、最新情報を探しながら仕事をしていたのを覚えている。


どこで、だれが最新情報を発表しているのか。

ダイヤモンドプリンセスクルーズのニュースも報道され人々の関心が集まる中、

いつ日本滞在歴のある観光客がNZの入国拒否対象になってしまうのか。

ドキドキしながらも、いや太平洋の私たちには関係ない話では無いか、とは感じていた。

旅行社で働く私たちには、欧米の旅行社からコロナウィスルに問い合わせが入ったり、

キャンセル連絡が届くようになり、あれ?これはおかしいぞと緊張が走るようになった。


2月3日には、首相のラロトンガ島にEmergency Task Force(緊急対策本部)が立ち上げられ

コロナウィルスが国に入ってこないように、各省庁が協力した体制ができた。

また症状が出ている人たちのケアをできるような簡易病院が設立された。

中国滞在歴のある人の入国拒否が始まった。

まだ日本を含む、その他の国からの渡航者に対する規制は始まっていなかった。


2月16日ラロトンガ島発で、2月後半に九州と東京を会場に開催される予定であった

夏季東京オリンピックのホストシティ交流プログラム。

このイベントに日本政府の招待で、クック諸島と日本をつなげる任務のために来日する予定であった ミスクック諸島、兼、ミスオセアニアのタージャさん。

日本に広がるコロナウィルスの状況にて、彼女の来日予定は

すべての手配が終了しているのにもかかわらず、出発日4日にイベントがキャンセルの連絡が入った。


これはやはり世界がおかしくなってきている。

私にも実感として感じた。


私自身は、日本からのメディア取材クルーの到着前コーディネート業務のため忙しくしていた。

果たして入国できるのか?ラロトンガ到着は2月26日午後、オークランド経由。

14日以内に中国での滞在履歴はありませんか、と確認したのを覚えている。


2月25日頃に、どうやら規制を広げる方針であるという方向の情報が入るようになり、

27日木曜日夕方に、クック諸島政府が日本を含む、中国(香港、台湾、マカオを含む)、シンガポール、韓国、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ラオス、イタリア、イランの

13カ国に過去14日以内に滞在したことのある渡航者の入国を翌日28日から拒否することを決定した。 (この時点では、14日間NZに滞在していた人は、入国はOKという内容であった)

もうすっかり、首相の緊急アナウンスメント放送をFacebookライブ、もしくはラジオで聞き

アップデートするということが日常生活の一部になった。


実は、翌日28日金曜日深夜に到着の日本人のゲストがいた。

日本の旅行社に電話し、入国拒否になることを伝えた。

そのカップルは東北の自宅から成田空港に向かう道中で、携帯電話にて旅行中止が伝えられることとなった。

私自身とても残念で、申し訳なかった。

でも、このバタバタとしたキャンセルはこれから数ヶ月続くということはその時点では想像もできなかった。


200点満点のアイツタキの天候に迎えられ、

メディア取材は終わり、帰国便も飛び、NZの入国規制もなかったので、

メディアクルーたちは無事に日本にご帰国いただいた。

今思い起こしてみたら、彼らにとって、クック諸島がコロナ以前のノーマルな時期に

滑り込むことができた最後の海外取材となったと思う。



3月になり、

業界用語でノーショー、予定していた便で到着しないお客さんが出るようになってきた。


オークランドまでの便も欠航する便が出て来たらしいよ。

ニュージーランドに到着するにも、香港空港をトランジットしていると入国できないらしいよ。

空港内トランジットで、入国していなかったらセーフみたいだよ。


刻々と変わる状況。

NZ政府の発表、ニュースの更新がいつあるのか、

そんな最新情報を確認しながらの仕事をする日々。

一体、どうなるのだろうか、と不安ながらも、いやクック諸島まではウィルスは届かないでしょう、と

どこかで皆感じていたと思う。

私たちは、世界の果ての島だから... ....


3月15日。

今夜政府の重大発表があるからニュースを聞くように、と噂が広まる。

ようやくこの日が来てしまったのか、とドキドキしながらラジオの前に待機したことを覚えている。

首相が国民に語りかけるメッセージ、もうすっかりお馴