学校対抗ドラム大会 世界一複雑ビート?

クック諸島のドラムのリズムは独特で、癖になる感覚。

メロディーにのり踊る可憐なポリネシアンダンスも、

ひとたびドラムが鳴り響くと、ダンサーたちの踊りも一気に激しくアツくなります。


その複雑なビートは、世界一複雑で難しい、とも言われます。

ハワイのポリネシア村で、

「タヒチ村のドラムが鳴っても人々は動かないのに、

我々クック諸島人がひとたびドラムを鳴らしたら、

人々が集い、ビートが速くなるにつれて輪がどんどん大きくなるんだ」とは、

島の男たちが自慢げに語り継ぐ逸話です。


ウクレレの音色と共に、ラロトンガ島の暮らしに響くドラムの音。

ドラムの大きさにより音色の深さも異なり、重ねて叩くことにより複雑なビートを作り出す。


”あるポリネシア研究者が、クック諸島のドラムを楽譜に落とし込もうとしたけれど、

ビートが難しすぎで、今日まで結局は誰も実現することができていない”

と言う、伝説もあります。


とにかくすごいのです!


前置きが長くなりました。

さて、本題です。

島の子供たちのドラムのスキルを継承し、披露する場を作ろうと

学校対抗ドラム大会が行われました。


すごかったです。

聞いてみてください、言葉で説明する必要はないと思います ↓


これ、小学生部門です。

どの学校代表チームも堂々としたパフォーマンス、圧倒でした。

もうびっくりでした。


大人の教師たちが指導しているとはいえ、一人前の素晴らしいリズム感、バランスは想像以上でした。


ルールは、

1チーム10名以下のドラマー。

最初の部門は、チャントを含んだ演技。チャントは文化省から各学校に指定され、

それに基づくリズム付けとパフォーマンス。

次の部門は、クリエイティブ部門、自分たちで個性を出して

ユニークなパフォーマンスを作り上げる。


実は、クック諸島のドラムやウクレレ演奏では、楽譜は使われていません。

耳で覚え、手で覚え、身体が覚える、と言う昔ながらの方法で練習が行われています。


小学校で本番に向けた練習風景を覗かせてもらいました。

先輩ドラマーが、口と手拍子で、

タッタタラタタタタッタラターと、リズムを言い、それをドラムで叩く。

タッタタラタタタタッタラター... .... ....

最初は、一緒に叩き、覚えるまで練習。

音が揃ってきたら、子供たちだけで叩く。

不安な子供の横には、大人が座り手の合図でリズムを伝える。

うーん、すごかったです。


タッタタラタタタタッタラター


ドラムの音が様々に重なり合い、異なるビートでなり続けるのも、

全て耳と手が覚える。

10分の演技に、一切楽譜などなし。


ドラムのパフォーマンスの度に、

こんな複雑なリズムをどうして、覚え、しかも、ぴったりとチームで息が合うんだろうか、とは

常に不思議に思っていたけれど、小学生の子供たちでも見事な演技としてまとめてきました。


複雑に聞こえるドラムビートも、全学校異なり、このは発表会のために自分たちで考えたもの。


やはりクック諸島の子供たちのDNAには、ドラムのビートが染み込んでいるのでは、とは思ってしまう。


開会式の挨拶で、リタイアした司会者が

「私たちが子供の頃は、このようなドラムのイベントの場合は、男の子しかチームにいませんでした。

でも、見てください。半分とはいかなくても、こんなにたくさんの女の子たちが

ドラム演奏をするようになり私は嬉しく思っています」、と語っていました。


男女問わずに受け継がれるクック諸島のドラムの文化。

大人のドラマーたちは、常に新しい、良いビート&リズムの組み合わせを作り上げている。

パッとひらめいたら、そのリズムを落とし込み、仲間に口ずさみで伝え、

音を重ねてビートを作り上げていく。


そんな原始的な方法にも関わらず、

クック諸島のドラムの文化は今も華やかに、しっかりと引き継がれ、

島には軽快なドラムビートが響き渡っています。




  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

 

​News Letter Archive

©2021  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now