マグロのお刺身は海からカフェへ 冷凍保存なしの美味

クック諸島では、

島を取り囲む豊かな海は最高のフィッシンググラウンド。


日々、イエローフィンツナ、シーラなどが地元の漁師さんたちにより水揚げされ、

冷凍保存されることなく、そのまま魚屋さん、レストラン&カフェに並びます。

とっても新鮮なマグロのお刺身。

地元の人たちも大好きです。


通常は、タヒチ風ソースと呼ばれる、どろっとした甘い味のソースが付いてきますが

キッコーマン醤油と合わせてサーブされることもあります。



日本からのゲストをレストランにお連れすると、

「わぁおいしい!こんなお刺身初めて!」と、 びっくりされることが多く、そんなとき私は、

「クック諸島のカフェに並ぶお刺身の多くは、とても新鮮なんです。

昨晩漁師さんが釣った魚が今朝店に運ばれ、刺身にされたばかりなので、 一度も冷凍&解凍されていないので、日本ではほぼ味わうことのできないお刺身なんですよ」


もちろん、青空と潮風と椰子の樹などの ラロトンガ島の美しい島の5感がお刺身の味を引き立てているのかもしれませんが、

クック諸島のお刺身がおいしい理由は、冷凍解凍されていないから、と

説明するとその味に納得してくださいます。


運良くカフェの付近で、

地元の男性たちが集い、魚をさばく様子を運よく目の当たりにする機会があることも。


アバルア市内マーケットの海側のハット小屋のカフェ&レストランは、

土曜日でなくても空いていることが多く、新鮮なお刺身を食べることができます。


レンタカーやスクーターで島を巡る人は、

道沿いのサインに注意して、海沿いのカフェなどに立ち寄ってみてください。

南側Titikaveka村のCharlie's

南東Muri外れのMooring Cafe

などが人気で、地元の人も集います。


スーパーでは、運が良いとお刺身弁当を見つけることができるかも!

南国風のクック諸島お刺身弁当、ぜひ旅の思い出話として味わってみてください。


私も気分は常に、クック諸島の自由な魚たち(となりたい)。

国境も、コロナウィルスも関係なく、魚たちは日々海を泳ぎ、

今年もあと2か月でザトウクジラが島を訪問する時期となります。


人間たちは何をやっているんだ、と、国境封鎖が続く私たちの生活を自然界の動物たちは、 きっと笑っていることと思います。