ラロトンガ島のゲームフィッシング Q&Aセッション

釣りファンの中で密かに隠れスポットとして知られるクック諸島。


GTとボーンフィッシュ狙いはアイツタキ島。

ゲームフィッシングはラロトンガ島、とのこと。


私は船酔いをするため、フィッシングはあまり詳しくないので、

フィッシングチャーターをする知人にラロトンガ島のゲームフィッシングについて質問してきました。


まだしばらく海外への渡航は難しい日々が続くとは思いますが、

将来の海外ゲームフィッシング旅行の参考となればうれしいです。


それでは、質問タイムです!





Question 1. フィッシングチャーターは何時間ぐらいですか?

Answer

半日チャーターが4時間から4時間半

終日チャーターが8時間



Question 2. ラロトンガのゲームフィッシングで狙うことができる魚を教えてください。


Answer

季節にもよりますが、以下の魚がラロトンガの海では狙うことができます; ・シーラ(Mahi Mahi、マヒマヒ、強いという意味のパラフルな魚。クック諸島マオリ語Ma'i Ma'i)   ・ワフー(Wahoo、カマスサワラ。7月から10月の寒い月に良く釣れる。多くは10kgぐらいだけれど、    稀に50kgを超える大物がかかることも。クック諸島マオリ語Pa'ara)   ・カジキマグロ(Blue Marlin、クック諸島マオリ語Akura。ラロトンガ近海では300kgを超えるものも!)

  ・イエローフィンツナ(Yello Fin Tuna、クック諸島マオリ語A'ai。13-15kg前後の魚が平均サイズ。暑い季    節11月から4月がねらい目。まぐろの刺身は地元っ子も大好き!)

  ・カツオ(Skipjack Tuna、クック諸島マオリ語Au'opo。夏シーズンに群れとなって島の周りに集まる) ・セイルフィッシュ(Sailfish)   ・GT(ロウニンアジ、Giant Trevally)

  ・オニカマス(Barracuda)



Question 3. キャッチした魚はどうしているのですか?


Answer

船に乗っているフィッシャーたちで分け合うことが多いです。

皆が少しづつ、家に持って帰り味わえるように。



Question 4. 朝の釣り、と午後出発の釣りはどちらがお勧めですか?


Answer

ラロトンガ島の周りは豊富な魚に恵まれていますので、出発する時間には左右されません。

日中は日が熱くなることもあるので、早朝の出発が人気ではあります。



Question 5. 船は揺れますか?

Answer

その日の天候、風や波に大きく左右されます。

ラロトンガ島の周りには大きな島はないので、外洋は海風を遮るものがないため大きく影響します。

安全が保てない場合は、船は出発を見合わせ翌日再度出発の調整の相談をします。




Question 6. 雨の日にもボートは出ますか?


Answer

はい、ゲームフィッシングは雨には左右されません!

波と風で安全が確保できない場合は出発延期の相談となります。



Question 7. 船は何人乗りですか?


Answer

2人乗りの小さなものから、16人ぐらい乗船可能な大きな船もありますのでご相談ください。



Question 8. 船をチャーターするにあたって、ゲームフィッシングの熟練度を教えてください。

初心者でも参加できますか?


Answer

全くの初心者でもゲームフィッシングを楽しんでいただけるように、経験豊富なクルーたちがガイドする ので安心してご参加ください。 もちろん熟練の人たちも大歓迎。一緒にラロトンガ島の海を楽しみましょう。



Question 9. 子どもも参加可能ですか?

Answer ボートにより乗船が可能なものもあります。

予約時に年齢と共にご相談ください。



Question 10. 船上では飲み物や食べ物が含まれていますか?

Answer チャーターの種類により異なりますので、ご予約時に確認ください。

通常は、飲料水とフルーツやスナックなどのライトリフレッシュメントが含まれます。



Question 11. どれぐらいの外洋に行きますか?


Answer チャーターの種類に左右されますが、港から約3km離れ、深さは約300m地点が多くなります。

港を出発したらすぐにフィッシンググランドというのがラロトンガ島の釣りの醍醐味です。



Question 12. 船の安全性は確保されていますか?


Answer

ラロトンガ島で観光客が乗船する船は認定された基準の船となります。

ライフジャケットや通信用ラジオが装備されています。

ご予約の際、ご出発の際にご確認ください。



Question 13. ラロトンガのゲームフィッシングの醍醐味は何でしょうか? アタリの日には何を楽しむことができますか?


Answer

フィッシャーたちのそれぞれの楽しみ方、また期待値にもよりますが、ラロトンガ島のゲームフィッシン グは様々な人がそれぞれ楽しめると思います。

晴天の日には、海から眺めるラロトンガ島は最高に奇麗ですよ。

7月から9月はザトウクジラが島の周りで子育てをするので、遭遇する可能性はもちろんあります。

11月から3月のカジキマグロのシーズンには、巨大な魚との格闘を数時間経験する人もいます。

マヒマヒがかかり、一生の思い出となる格闘を楽しむ人もいます。

自分たちで釣った魚の味はお腹も嬉しくいっぱいになります。



クック諸島でのフィッシング、イメージ少しでも湧きましたでしょうか?


ラロトンガ島には、観光客がチャーターできるフィッシングチャーター会社が数社ありますのでご相談ください。クック諸島の釣りには欧米のフィッシングクラブとかも穴場と人気で、グループは一年前かが予約を入れてくるとのこと。日曜日も出発するチャーター船もあるので、多くのツアーがお休みで日曜日のアクティビティを迷っている時には挑戦してみるのもいいかもしれませんね。


日本のフィッシングファンのみなさまのお越しをお待ちしております!