クック諸島「動物の鳴き声」編

アメリカに留学した時、

犬の鳴き声は、Bow-Wow(バウワウ)

山羊は、Baa(バァー)

鶏は、Cock-a-doodle-doo(クック ドゥードゥル ドゥー)

と鳴くと知り、

国によって動物の鳴き声の聞こえ方、表現の仕方ってこんなにも違うんだー、と

子どもながらに目が開く経験だったことを思い出します。


ワンワン、コケコッコーが常識ではない。

世界には、様々な物の見方がある、 ひとつのこれだ!という正解はないんだなあ、と感じた一つの体験でした。



さて、では、クック諸島の動物たちはどのように鳴くのでしょうか。

地元の子どもたちは、このように表現しています。


1. 犬


Ava ava

発音:アヴァ アヴァ

2. ネコ

Meao meao

発音:メァオ メァオ

3. ねずみ

Iii iii iii 発音:イイィ、イイィ、イイィ、

4. にわとり

Ko ko ro roo, Ko ko ro roo

発音:コッコ ロッロー、コッコ ロッロー


5. ひよこ


発音:



6. 山羊


Umee Umee

発音: ウメェーメェー



7. 豚



発音:



8. 牛


Muu Muu

発音:ムゥームゥー


いかがでしたでしょうか。

所変わればいろいろ変わる。


クック諸島の動物も、日本とは異なる表現の仕方。

重要なことではないけれど、いろいろな国に住んでいるとちょっと気になるちょっとした雑学でした。