郷土料理イカマタ 島っ子のこだわり母の味

クック諸島で一度は食べて欲しい料理は、イカマタ。

イカ/Ika = 魚、マタ/mata = 生、直訳は「生魚」


通常はマグロのお刺身をライム(レモン)の汁で漬け、

サラダとココナッツクリームで和える島っ子大好きの料理。


各家庭で秘伝のレシピがあり、皆こだわりのコツがあるよう。

「あのママのイカマタは美味しいよ」と、噂となり、

レストランでも、イカマタが美味しければ、他の料理も絶対に美味しい!というお墨付きの料理。


シンプルだからこそ、素材の味が大切。

新鮮なマグロが必須なことはもちろん、そして丁寧に本物を使うことも大切。


とある日本の世界各国の料理の本で、クック諸島の料理が紹介されていたと知人が教えてくれた。

メニューはイカマタ。

「南の島のマグロの食べ方」と紹介されていただけでも驚いたのに、

作り方を見て、さらにびっくり。


「ボウルに材料を全て入れて、混ぜ合わせる。」


っえ?これだけ?


ちょっと違うのでは?


これには、クック諸島ママたちは大反対!


ということで、

今日は、クック諸島のママたちから聞いた、イカマタの作り方を紹介します。


3つのコツは;

・新鮮なマグロのお刺身を使うこと(少し古いものの場合は海水に漬ける時間を長くする)

・ライム汁に漬けるタイミングが仕上がりを大きく左右する

・ココナッツクリームは、ヤシの実から摩り下ろした新鮮なものを。一手間かけよう!

 既存製品のパッケージの味は島っ子には絶対にNG!



イカマタ レシピ


マグロのお刺身 400g 1.5 - 2cmのサイコロ型に切る

フレッシュココナッツクリーム 200ml (既存製品を利用する場合は砂糖を加えてないもので代用)

ライム汁 50ml

野菜&ハーブ 小さく刻む (きゅうり、トマト、オニオン、パプリカ、人参、チャイブなどお好みで)

  1. 海水(もしくは食塩水)に、サイコロ型に切ったマグロのお刺身を約30分漬ける          (少し古いマグロの時は少し長めに)

  2. 海水をしっかりと切る

  3. ボウルにマグロとライム汁を入れ、冷蔵庫で冷やしながら味を染み込ませる            (表面が少し白くなるぐらい、30分から1時間)

  4. 野菜とハーブ、ココナッツクリームを入れて、塩で味を整える。(ライム汁が多い場合は切る)

  5. しっかりと冷やして召し上がれ


私もレストランでよくこのイカマタ注文します。

当初はココナッツクリームは苦手意識があったけれど、今ではクリームを味わうまでになりました。


メインディッシュとしても、サイドディッシュとしてもOK

島のレストランでは、タロイモやキャッサバのチップスが添えられてサーブされることが多いです。


Bon Appetit!



  • White Instagram Icon
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
sunset near year 2017
friends talking on the beach for new year holiday
happy holiday viewing the waves
green tonnel
foggy mountain
flametree leaves
view from hospital 2
view from hospital
aitutaki view from plane
Cook Islands Concierge

クック諸島への旅のご相談

気になる現地情報等

お気軽にご相談ください

 

 

​News Letter Archive

©2021  by Cook Islands Concierge

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now