クック諸島マオリ語レッスン 数字

子どもたちのダンスレッスンでよく耳にする、タイ、ルア、トル、アー、リマ。

クック諸島の一、二、三。


英語の方が先に出てくるラロトンガ島の人々も、1、2、3という掛け声は

クック諸島マオリ語であることが多いなあ、と感じる。


ドラムの練習の時、「いっせいのーで」とタイミングを合わせる時も

タイ、ルア、トル!


ということで、クック諸島マオリ語の数字を1から10まで紹介です。



ちなみに、クック諸島の子どもたちが習う、A、B、Cのアルファベット表がこちら。

C for coconut などと少しアイランド風に工夫されているのが可愛いです。