ラロトンガ空港開港47年 エリザベス女王が行った開港式典

国旗を見ると分かると思いますが、クック諸島はイギリス連邦の一つで、

コモンウェルス・オブ・ネイションズの一つです。

よってイギリス女王エリザベス2世が君主です。


地球の反対側の小さな国、クック諸島にも、

今までに一度だけ、エリザベス女王が訪問した、島の人たちに語り継がれる誇らしい歴史があります。

それは、1974年のラロトンガ国際航空の開港式典。

飛行機で到着し、式典に参加し、その日のうちにラロトンガ島を離れたので、

滞在は僅か1日でしたが、訪問したという事実は今でも島の人たちの心に残っています。


その当時の写真が、ソーシャルメディアでシェアされていましたのでご紹介します。

洋装の女王を、アイランド風の伝統で出迎える誇り高きクック諸島人たち。

素敵です。


今年2021年、ラロトンガ空港は開港し、47周年記念となります。


エイに着飾った若き頃のエリザベス女王、良いですね。


女王は、飛行機のタラップから、直接、神輿(?)にて式典の会場まで担がれました。

これは今でも、クック諸島の儀式で見る事ができる最高の敬意を表す、島の習慣です。

女王たちが長旅の末、このようなアイランド風の歓迎を受け

どのような気持ちで担がれていたのか、想像するだけでも楽しいです。

護衛官とかもちろんいたとは思いますが、心配でしょうがなかったかもしれませんね。


ここで、クック諸島の空の歴史をパッと振り返ります。

実は、ラロトンガ空港よりも早く、アイツタキ島のラグーンに発着陸する水上飛行機が

国初の国際空港となっていたことはあまり知られていませんね。

アイツタキ島のアカイアミにあるのですが、このモツはラグーンクルーズで通常立ち寄り

当時の様子に思いを馳せる事ができます。

2004 アイツタキ空港の滑走路のアスファルト化完了

1982 11月5日初めてのボーイング747が到着

1974 1月29日エリザベス女王によりラロトンガインターナショナル空港が開港

1963 Polynesian AirlinesがNZ - アピア - ラロトンガ間の運行開始

1960 Traman Empire Airways (TEAL)がラウカラ アイランド(フィジー), サタプアーラ(サモア),    アイツタキ、ボラボラ島、タヒチ島を結ぶ水上飛行機の運行を開始

   世界の富豪が憧れたコーラルルート(Coral Route)旅行としてアイツタキ島のもモツ(小島)が    クック諸島初のインターナショナル空港となる

1951 1月 Trans-Ocean Airlinesがノートフォーク諸島、フィジー、トンガ、サモアとを結び便を運行

1944 New Zealand National Airways Coorporationが隔週でNZとラロトンガを結ぶ定期便の運行を始める

1943 アメリカ軍がアイツタキ島の滑走路を建設する

1942 アメリカ軍がペンリン島の滑走路を建設する

コロナウィルス以前は、以下のように結構忙しいスケジュールで飛行機が到着していました。


・ニュージーランド航空

  オークランド(1週間に5-10便ほど)、シドニー(週1往復)、ロサンゼルス(週1)


・エアータヒチ パペーテ(週1往復)

・ジェットスター&バージンオーストラリア航空 オークランド(不定期でハイシーズンに多くの便)



コロナウィルスの影響で、 現在ラロトンガ空港を利用する飛行機の数は週にたった2便あまりとグッと減ってしまっています。

年間、国民数の10倍に当たる16 - 18万人が行き来していたラロトンガ空港。

近い将来に、再び多くの観光客で賑わい、エイの香りで包まれ、

ウクレレの歓迎の歌声が再び響くことを願います。